【ブログの書き方】読まれるブログ文章おさえるべき11のポイント

初心者さん
初心者さん

・ブログの記事の書き方は?

・記事を書くのが苦手なんだけど大丈夫?

・ブログ記事を書くコツってありますか?

 

Chiharu
Chiharu

記事を書くのが苦手な人も、簡単に記事が書けるように書き方のコツをまとめました。

コツがわかると、記事を書くのが楽になりますよ。

どれも、今すぐできることばかりなので参考になさってください。

 

目次

はじめに、ブログ記事作りの流れを把握

 

STEP1  記事のテーマを決める

STEP2  ターゲットのリサーチ

STEP3  必要な知識のリサーチ

STEP4  キーワードを決める

STEP5  記事の構成を決める

STEP6  タイトルを決める

STEP7  記事を作成

STEP8  記事のチェック

STEP9  メタディスクリプションを作成

STEP10  記事全体のチェック

 

 

ブログ記事作りの流れがわかると、やることをはっきりさせることができるので「なにから手をつけたらいい?」と悩むことがなくなります。

 

悩んでいたら、いつの間にか時間が過ぎていた。いつの間にか違うことをしていた。なんてときは、やることがはっきりしていないときに起こりやすいので、まずやることをはっきりさせることが大切です。

 

ブログに求められる文章=シンプルでわかりやすい文章

 

ブログの書き方

 

わかりやすいブログを作るには、直感的にわかる文章・読みやすいレイアウト・信用できる内容にすることが大切です。

 

シンプルでわかりやすい文章は、読者の理解が早く、読んでいてストレスになることがありませんので、好印象を持ってもらえるんですよ!

 

シンプルでわかりやすい「ブログ文章の書き方」11のポイント

 

 

大事なことなのでもう一度、ブログ文章で求められるのは「シンプルでわかりやすい文章」です!

 

シンプルでわかりやすい文章」なら、むずかしいことを考える必要がありませんし、調べる手間もいりません。

 

そのため読者にストレスを与えることなく、読み進めてもらうことができます!

 

ちょっとした工夫で簡単に「シンプルでわかりやすい文章」が書けますので、ひとつずつ紹介していきますね!

 

【ポイント1】伝えたいことは、ハッキリくっきり明確に!

 

最初にすることは、記事で「何を伝えるのか?」をハッキリ決めること

 

伝えたいことがアイマイだと、まとまりのない文章になって、伝えたいことが伝わりません。

 

「何を伝えるのか?」をハッキリ決めると、自然と方向性や組み立てが安定した説得力のある文章になります。

 

伝えたいことが決まったら、少しずつわけて「見出し」を作っていきましょう。

 

【ポイント2】まずは結論から!理由はそのあと

 

「とにかく情報が知りたい!」というとき、理由よりも結論を早く知りたいと思いませんか?

 

結論から組み立てる論理的な文章は、はじめに結論を伝えますから、読者にストレスを与えることなく情報が伝えることができますし、スムーズに続きを読み進めてもらうことができますよ!

 

実際にどうやって文章を組み立てるかは、下記を参考になさってください。

 

論理的な文章の組み立て方
1.結論:結論は○○です
2.理由:なぜなら○○だからです
3.事例・具体例:たとえば○○があります
4.結論:だから○○です

 

Chiharu
Chiharu
この方法は、トップブロガーも使っている「文章の組み立て方」なので、PVが増えなくて悩んでいる方にはオススメです!

 

【ポイント3】1見出しにつき2〜4行に収める

 

最近では、PCだけでなくスマホやタブレットからもブログを読んでくれる読者がいますので、文章の長さも、「直感的にわかる文章」にするためのポイントになります!

 

下記は、当ブログをPC・スマホから見たときの画像なんですが、圧迫感の違いがわかりますよね。

 

PCから見た当ブログブログ文章
スマホから見た当ブログ
ブログ文章

 

適切な一文の長さは60文字程度といわれています。「見出し1+内容4行」くらいがスマホから見ても圧迫感がありませんし、読むのが楽です。

 

Chiharu
Chiharu
どうしても文章が長くなってしまうときは、箇条書きを使ったり、重複する言葉や文がないかチェックするといいですよ!

 

【ポイント4】「、」を使って、ひと息いれる

 

なんとなく使っている「、」の使い方わかりますか?意識して「、」を使うと読みやすくなるので「直感的にわかる文章」になるんです!

 

あらためて確認するためにも、「、」の使い方をご紹介しますね。

 

文をわける・つなげるところ「そして、」 「しかし、」 「ところが」
時間の表現のあと「昨日、」 「今、」
長い主語のあと「雲ひとつない青空の今日は、」
意味が変わるところ「ここは、いど」 「ここ、はいど」
ひらがな・漢字の区切り「この度、紹介に」 「あの、おもちゃ」

 

【ポイント5】誰がなにをした?主語と述語を近づけよう

 

主語(誰が・なにが)と述語(〜した)が離れていると、読みすすめるうちに「なにを読んでたっけ?」となりかねません。

 

できるだけ、主語と述語は近づけて読みやすく理解しやすい文章に

 

主語と述語が遠い例
「PVを増やすために文章について学び、それを実践したら、先月と比べて今月のPVが10%上がるという、うれしい結果になった。」
主語と述語が近い例
「先月と比べて今月のPVが10%も上がった。PVを増やすために文章について学び、それを実践したら、うれしい結果になった。」

 

【ポイント6】なんか変?主語と述語のねじれを正す

 

主語と述語が正しく使われていない文章を「ねじれ文」といいます。「なんか変?」と違和感のある文章は、ねじれている可能性があります!

 

主語と述語がねじれる原因は、文章が長くなって伝えたいことがボヤけるから。

 

「ねじれ文」をみつけるには、文章の主語と述語を抜き出して、主語と述語を逆さにしても意味がつながるかどうかです。

 

Chiharu
Chiharu
シンプルな文章には、ねじれが起きにくいです!
文章が長くなってねじれが心配なときは、公開する前に確認して下さいね。

 

「先月と比べて今月のPVが10%も上がった。」を例にすると、
主語:PVが 述語:上がった
逆さにして、なにが上がったか?答えは、PVが。
と、つながれば、ねじれはありません。

 

【ポイント7】まわりくどい表現がないかチェックする

 

まわりくどい表現ときいて、どんなことが思い浮かびますか?なかなか結論にたどり着かないとか、話の筋が通っていないとか、内容が途中から変わってしまったりなど、いろいろ思い浮かぶと思います。その中でも、個人的に苦手なのは、なかなか結論にたどり着かない文章です。なぜかというと…

 

このように、まわりくどい表現を使うとわかりずらくなって、読んでいるだけで疲れますし、なにを伝えたいのかわかりません。

 

ですので、まずは結論を伝えましょう!読者は「答え」を探しにブログを読みますので、「結論→理由→具体例→再度結論」の流れでシンプルな文章にするといいですよ!

 

【ポイント8】数字や具体的な表現を使ってブレをなくす

 

具体的な表現を使えば、読者の受け取り方のブレをなくすことができます。

 

伝えたいことが読者に伝わらないと意味がないので、あいまいな表現は使わずに、数字や具体的な表現を使って読者が迷わず理解できるよう文章にします。

「今月のPV数が先月より大幅に伸びた!」
「今月のPV数が先月より100倍に伸びた!」
「今月のPV数が先月より100倍(5PV→500PV)に伸びた!」
具体的にするほど説得力が増します。

 

【ポイント9】語尾のバリエーションを増やす!

 

語尾が単調な文章は、文章が読みづらくなってしまうと思います。

 

語尾の使い方って普段、意識しないで使っていることが多いと思います。

 

だから、意識して語尾のバリエーションを増やすといいと思います。

 

「思います・思います・思います」こんな感じで同じ語尾を2〜3回続けて使うと、機械的になって読みづらくなるので、頭に内容が残らずに飽きちゃうんですよね。

 

なので、語尾のバリエーションを増やして、文章に人間くささを感じさせる文章にするといいですよ!

 

Chiharu
Chiharu
語尾の一例をご紹介しますね。
友達や知り合いなど、誰かに話すのをイメージして書くといいですよ!

 

「ブログを書く」を例にして。

事実を伝える:書きます。書くのです。書きますよ。書きますね。
思いを伝える:書きたいと思います。書こうかと。書こうかと思ってます。
曖昧なことを伝える:書くらしいです。書くかもしれません。
否定する:書きません。書くことはないです。
過去形:書きました。書いたことがありました。
現在進行形:書いています。書きつつあります。
未来形:書くでしょう。書くことになるでしょう。
文章の締め:書きますよね。書くんですよね。
記号:書く… 書く! 書く‥ 書く?

 

【ポイント10】文と文の接続はテンポよく!

 

同じ接続詞をくり返し使うと「単調な文章」になって面白みがなくなってしまうので、接続詞のバリエーションを増やして文章に変化をつけると、テンポが良くなって読みやすくなります!

 

上手くつなげられない文は、箇条書きにしてまとめるとスッキリわかりやすくなりますよ。

 

結論につなげる:それで、だから、そこで、すると
予想に反する:しかし、だが、けれども、ところが
付け加える:また、そして、なお
比べる・選ぶ:それとも、または、もしくは
説明・補足:つまり、なぜなら、すなわち
話題を変える:ところで、さて、では、ときに

 

Chiharu
Chiharu
下記は、よくブログで使われる、文と文の接続の一例です。
「文章の組み立て方」と合わせて使うと、読みやすい文章が簡単に作れます!

 

理由:理由は、その理由は、理由は1つ、根拠は、なぜなら、
具体例:実際に、具体的には、例えると、つまり、わかりやすくいうなら、もし、たとえば、簡単にいいかえると、
再度結論:重要なのは、まとめると、そのため、くり返しになりますが、大切なのは、要するに、おさらいすると、

 

【ポイント11】むずかしい漢字はひらがなにする

 

ブログで使う漢字は、中学生程度で書くと読みやすいといわれています。難しい漢字で読み止まることなくスラスラと読めるので、ストレスを感じることなく読みすすめることがでますよ!

 

また、出版業界で使われている「ひらく」という手法では、読みづらい漢字や、漢字を使うと読みにくくなるところに、あえてひらがなを使います。

 

ひらがなを使うことで、読みやすくする気づかいがされているんですよね。ぜひ、ブログ文章にも「ひらく」をためしてみてください!

 

Chiharu
Chiharu
「ひらく」と読みやすくなる漢字を紹介するので、ぜひ参考になさってください。

 

更に さらに
殆ど ほとんど
下さい ください
 こと
 もの
一人二人 ひとりふたり
そう言う そういう
そんな風に そんなふうに
出来るだけ できるだけ
後で あとで
人達 人たち
その通り そのとおり
わかり易い わかりやすい
何でも なんでも
頂く いただく
何故か なぜか
時間が経つ 時間がたつ
恐る恐る おそるおそる

 

ブログ文章ができたら自分で読む!5つのチェックポイント

 

ブログの書き方

 

文章ができたら、シンプルでわかりやすい文章?」とチェックしながら読んでみてください。

 

チェックポイント5つ

  1. 余計なところを削ってシンプルに
  2. 語句を読みやすく並び替える
  3. 抜け落ちをなくして、わかりやすく
  4. 重複をなくしてスッキリさせる
  5. ネコ・ネコ・ネコ 書き方の統一

 

では、ひとつずつ、お伝えしていきますね!

 

【チェック1】余分なところを削ってシンプルに

 

余分な文章があると、本当に伝えたいことがわかりにくくなってしまうんですよ。

 

だから、1見出しにつき、ひとつのことを伝える!複数のことを伝えようとすると文章が長くなるし、論理的に伝えるのがむずかしくなります。

 

なくても意味が通じるところは、思い切って削って、できるだけシンプルに伝えることを意識するといいですよ。

 

【チェック2】語順は読みやすく並び替える

 

「意味は伝わるけど、なんだか読みづらい」と感じたときは、語順を変えると読みやすくなります!

 

語順の原則は、「いつ→どこで→誰が→誰に→何を→した」ですが、出てくる言葉の順序によって、強調されるところが変わってきます。

 

文章を読んだときに違和感があれば、語順を変えて調節するようにしてくださいね!

 

【チェック3】抜け落ちをなくして、わかりやすく

 

文を構成する要素は、「誰が(何が)・何を・何に・どのように・いつ・どこで・どうする」です。必要なところが抜けると、意味があいまいになったり、理解できなくなったりします。

 

頭の中で文章を組み立てながら書いていると、必要なところが抜けていることに気づかないことがあるんですよね。

 

ですので、読み返すときには、はじめて記事を読む読者の目線に立ってチェックすることをオススメします!

 

【チェック4】重複をなくしてスッキリさせる

 

重複には、同じ意味の語を重ねた言葉の「重複表現」と、同じ言葉を重ねた「言葉の重複」があります。

 

どちらの重複も、読みにくくなる文章の原因となります。

 

ひとつの文に同じ意味や表現がないかチェックして、スッキリと読みやすくなるようにするといいですよ。

 

【チェック5】ネコ・ネコ・ネコ 書き方を統一する

 

「猫・ねこ・ネコ」のようにバラバラの表現で書くのではなくて、「ネコ・ネコ・ネコ」のように同じ表現の書き方で統一すると、スッキリして読みやすくなります!

 

同じ言葉なのに異なる文字表記がされることを「表記ゆれ」と呼びます。よくある「表記ゆれ」を紹介するので参考になさってください!

 

漢字・ひらがな・カタカナ:「ねこ・ネコ・猫」
送り仮名:「行う・行なう」 「引越し・引っ越し・引越」
固有名詞:「Google・グーグル」 「Yahoo!・ヤフー」
読み方:「ヴァイオリン・バイオリン」 「サーバー・サーバ」
全角半角・大文字小文字:「午前7時・午前7時」 「ウェブ・Web・WEB」

 

文字以外にも、記号や装飾などを統一すると、「ここは重要な部分だな!」とか「ここの部分は、まとめね」など、パッと見てわかるようになりますのでオススメです。(←このオススメの部分など統一)

 

ブログ文章を仕上げるコツ3つ

 

この3つのコツを使えば、文章を書くのが慣れていなくてもシンプルでわかりやすい文章」を作れますよ!

 

非常に費用対効果も高いので、ぜひ試してみてくださいね!

 

ブログ文章を仕上げるコツ3つ

  1. 文字に色をつけて変化をつけよう!
  2. 装飾を使ってマンネリ回避
  3. 画像を使って読者の負担を減らす

 

【コツ1】文字に色をつけて変化をつけよう!

 

当ブログでは、下の画像のように太文字赤太文字を文字装飾に使っています。目安は、1見出しにつき太文字赤太文字を1回ずつにしています。

 

ブログ文章

 

文字装飾の種類が多いと、記事の内容が伝わりにくくなってしまいますので、重要な部分を強調するときや文章に変化をつけたいときなど、必要最低限くらいがちょうどいいですよ。(実は、トップブロガーほど文字装飾がシンプルです。)

 

【コツ2】装飾を使ってマンネリ回避

 

ブログ文章
ブログ文章

 

こちらの二つの画像を見比べると、見え方の違いがおわかりいただけると思います。文章だけだと飽きてきちゃうんですよね。

 

箇条書きを使うだけでもわかりやすくなりますし、さらに装飾を使うことで目に留まりやすい効果もありますのでオススメですよ!

 

【コツ3】画像を使って読者の負担を減らす

 

人間の脳は、言葉よりも図や写真の方がイメージとして伝わりやすく、記憶に残りやすいんです。それは、文章だけだとイメージしづらいから。

 

また、新聞や雑誌などと違い、ブログは流し読みがほとんどです。そのため、読者はパッと見たときに文章ばかりだと読むのをためらいますし、読んでいても途中で疲れてしまうんですよね。

 

読者の負担を減らすには、ひと息いれるために関連のある画像を使ったり、理解を深めるためにオリジナルの図解画像を使うと効果的ですよ!

 

例えばこんな画像

ブログの書き方
サーバーの仕組み

 

Chiharu
chiharu
当ブログは、シャッターストックの画像を加工して使っています。

 

ブログ文章の「型」を覚えよう!

 

ブログの書き方

 

おつかれさまでした。<(_ _*)>

 

この記事で紹介したシンプルでわかりやすい「ブログ文章の書き方」11のポイントを活用すれば、文章を書くのが苦手な人でもプロ並みの文章を書けるようになりますよ!

 

最後におさらいをしましょう!

 

文章の書き方11のポイント

  1. 伝えたいことは、はっきりくっきり明確に!
  2. まずは結論から!理由はそのあと
  3. 1見出しにつき2〜4行に収める
  4. 「、」を使って、ひと息いれる
  5. 誰がなにをした?主語と述語を近づけよう
  6. なんか変?主語と述語のねじれを正す
  7. まわりくどい表現がないかチェックする
  8. 数字や具体的な表現を使ってブレをなくす
  9. 語尾のバリエーションを増やす!
  10. 文と文の接続はテンポよく!
  11. むずかしい漢字はひらがなにする

 

文章は、あくまでもブログ記事の一部です。全体を通してバランスのとれたブログにできるように、ひとつずつはじめていきましょう!

 

ブログの書き方

 


 

以上が【ブログ文章の書き方】初心者向けに読まれるためのコツを紹介でした。

 

文章を書くのは慣れです。くじけずに続ければ早く書けますし、「いやや〜」ってなりません!

 

だから、続けましょ。毎日、ひと文字でもいいから続けましょ。

 

わからないことがありましたら、いつでもお問い合わせください!

 

お問い合わせはこちら

 

お読みいただき、ありがとうございました。<(_ _*)>

Chiharu

Chiharu

この記事を書いたのは

元歯科衛生士のWebデザイナー。素の自分を出せるようにブログをはじめました。お伝えしているのは、ブログのはじめ方と毎日を楽しく過ごすコツについて。