【グーグルサーチコンソール2021年】設定手順を初心者向けに解説

もくじ

 

グーグルサーチコンソールとは、グーグルが無料で提供しているアクセス解析ツールのこと。

 

どこからブログに辿り着いたのか・検索エンジンにインデックスされているか・検索結果の順位など、ブログの解析ができるので、記事の作成やリライト(書き直し)に役立てることができます。

 

今回は、解析に使う「グーグルサーチコンソール」の設定手順について。エックスサーバーを使う方法とコード使う方法の2通りの手順をお伝えします。

 

グーグルサーチコンソールについて

 

グーグルサーチコンソールとは、グーグルが無料で提供しているアクセス解析のツールのこと。

 

グーグルは他にも「グーグルアナリティクス 」という解析ツールを提供しています。2つの解析ツールを簡単に説明すると。

 

グーグルサーチコンソール:自分のブログに読者さんが来るまえの解析
グーグルアナリティクス
:自分のブログに読者さんが来たあとの解析

 

解析ツールを利用すると、データに基づいたブログの改善ができるのでアクセスアップにつながります。

 

グーグルサーチコンソールの設定手順

 

[unordered_list style=’number’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • グーグルアカウントを作成(アカウントをお持ちの方は、つぎにすすんでください)
  • グーグルサーチコンソールとブログを連携する
    ・直接コードを貼り付ける
    ・エックスサーバーを使う

[/unordered_list]

 

【手順1】グーグルアカウントを作成

 

グーグルアカウント

グーグルアカウントを作成するため「グーグルアカウントの作成」にアクセスして必要事項を入力、「次へ」をクリックします。

 

グーグルアカウント

必要事項を入力して「次へ」をクリックします。(再設定用のメールアドレスは入力しなくてもOKです)

 

グーグルアカウント

プライバシーポリシー・利用規約を読み「同意する」をクリックします。

 

グーグルアカウント

このように表示されれば、グーグルアカウントの完成です。(山田花子さんは仮名です)

 

【手順2】グーグルサーチコンソールとブログを連携する

 

グーグルサーチコンソールとブログを連携する方法は下記の2通りです。やりやすい方法を選んですすめてください。

 

[ordered_list]

  1. 直接コードを貼り付ける
  2. レンタルサーバーのエックスサーバーを使う

[/ordered_list]

 

【方法1】直接コードを貼り付ける

 

グーグルサーチコンソール

まずは、グーグルサーチコンソールにアクセスして「今すぐ開始」をクリックします。

 

グーグルサーチコンソール

次に、ふたつのプロパティタイプから好きな方をを選択します。

 

ドメイン:ドメイン全体の計測(http・https・http://・http://wwwサブドメインもすべて計測)

URLプレフィックス:URLひとつだけの計測(http・httpsも区別され、どちらかを選択する)

 

管理が簡単でグーグルアナリティクスと関連付けができる「URLプレフィックス」をおすすめします。

 

グーグルサーチコンソール

プロパティタイプを選択したら、ブログのURLを入力して「続行」をクリックします。

 

グーグルサーチコンソール

確認状態が終わるまで待ちましょう。

 

グーグルサーチコンソール

次に、所有権の確認を求められます。

 

グーグルサーチコンソール

下へすすんでください。

 

グーグルサーチコンソール

「HTMLタグ」をクリックしてください。

 

グーグルサーチコンソール

コードが表示されるのでコードをコピーしてページは開いたままに、新しいウィンドウやタブでWordPressを開いてください。

 

ダッシュボード テーマエディター

ダッシュボード>外観>テーマエディター

 

WordPressのテーマエディターにコードを貼り付けるので、テーマエディターを開きます。

 

テーマエディターを開いたら、右側にある「テーマヘッダー」をクリックします。

 

テーマ編集

「テーマヘッダー」が見つからないときは、子テーマが有効化されているので親テーマにアクセスします。

 

右上「編集するテーマを選択」から、使用中のテーマを選択してください。

 

テーマヘッダー

親テーマに切り替わると「テーマヘッダー」が表示されるのでクリックします。

 

コードの貼り付け

テーマヘッダーを開いたら、</header>の前にコードを貼り付けます。間違えてしまうとテーマに影響が出るので、ここは慎重に。

 

コードの貼り付け

コードを貼り付けたら「ファイルを更新」をクリックします。

 

グーグルサーチコンソール

さきほどコードの表示されたページに戻って「確認」をクリックします。

 

グーグルサーチコンソール

これでグーグルサーチコンソールとブログの連携は完了です。

 

【方法2】エックスサーバーを使う

 

グーグルサーチコンソール

まずは、グーグルサーチコンソールにアクセスして「今すぐ開始」をクリックします。

 

グーグルサーチコンソール

次に、ふたつのプロパティタイプから好きな方をを選択します。

 

ドメイン:ドメイン全体の計測(http・https・http://・http://wwwサブドメインもすべて計測)

URLプレフィックス:URLひとつだけの計測(http・httpsも区別され、どちらかを選択する)

 

管理が簡単でグーグルアナリティクスと関連付けができる「URLプレフィックス」をおすすめします。

 

グーグルサーチコンソール

プロパティタイプを選択したら、ブログのURLを入力して「続行」をクリックします。

 

グーグルサーチコンソール

確認状態が終わるまで待ちましょう。

 

グーグルサーチコンソール

次に、所有権の確認を求められます。

 

グーグルサーチコンソール

下へすすんでください。

 

グーグルサーチコンソール

「ドメイン名プロバイダ」をクリックしてください。

 

グーグルサーチコンソール

コピーができたら、このページは開いたまま、新しいウィンドウやタブでエックスサーバーにアクセスしてください。

 

エックスサーバー

「サーバーパネル」をクリックします。

 

エックスサーバー

IDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

 

エックスサーバー

「DNSレコード設定」をクリックします。

 

エックスサーバー

グーグルサーチコンソールと連携するブログのドメイン名隣の「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー

先ほど選択したドメイン名が表示されているか確認してから「DNSレコード追加」をクリックします。

 

エックスサーバー

種別を「TXT」に変更して、グーグルサーチコンソールでコピーしたコードを貼り付け「確認画面へ進む」をクリックします。

 

エックスサーバー

入力した内容に間違いがないかを確認してから「追加する」をクリックします。

 

エックスサーバー

〜追加が完了しました。と表示されたらエックスサーバーをログアウトしてください。

 

グーグルサーチコンソール

さきほどのコードが表示されたページに戻って「確認」をクリックします。

 

グーグルサーチコンソール

これでグーグルサーチコンソールとブログの連携が完了しました。

 


 

以上【グーグルサーチコンソール2021年】設定手順を初心者向けに解説でした。

 

お読みいただきありがとうございました。