ロゴ Logo 360x60
【エックスサーバー×お名前.com】WordPressブログをはじめる
WordPressブログをはじめる簡単5ステップ

もくじ

・どうやって、ブログをはじめたらいい?

・ブログに必要なものってある?

・WordPressってなに?
今回は私自身がつまづいたポイントを押さえつつ、
WordPressブログのはじめ方をを解説します!

「WordPress」は、わかりやすくいうと、専門知識がなくても簡単にブログやホームページを作れるソフトのことです。ですので、初心者さんもWordPressを使えば簡単にブログを作ることができますよ。

今回は、初心者さんがゼロからブログをはじめられるようになるまでを5ステップにわけてお伝えしていきます。

どのステップも簡単なので、1時間ほどでできあがります。手順通りにすすめるだけなので、さっそくはじめていきましょう!

WordPressブログをはじめる流れを理解しよう!

ブログは形のないものなので、形のあるものに例えてイメージするとわかりやすくなります。ブログを「家を建てること」に置き換えて解説しますね。

家を建てる

1.家を立てるための土地を購入

2.住所の登録

3.土地と住所をつなげる(現実世界ではすでにつながっていますが…)

4.家を建てる

ブログでは、土地にあたるところが「サーバー」、住所に当たるところが「ドメイン」、家に当たるところが「WordPress」になります。

つまり、WordPressブログをはじめるには、

 WordPressブログをはじめる

1.サーバーの契約

2.ドメインを取得

3.サーバーとドメインをつなげる

4.WordPressをインストール

WPブログを作る

以上がWordPressブログをはじめる流れです。これから、作業に入っていきます。

WordPressブログを作るための5ステップ

WordPressブログを作るためのステップを5つにわけて解説していきます。

 WordPressブログ開設までの5ステップ

1.サーバーの契約(土地)

2.ドメインを取得(住所)

3.ドメインとサーバーをつなげる(役所に届ける)

4.WordPressをインストール(家)

5.WordPressの初期設定(家具)

【ステップ1】サーバーを借りる

ブログの流れ

まずは、サーバーを契約します。WordPressブログをはじめるなら、サーバーはレンタルで十分なのでレンタルサーバーの契約をします。

レンタルサーバーは国内でも100近くありますが、初心者さんにおすすめなのは、エックスサーバーのx10プラン(スタンダードプラン)。

エックスサーバー(XSERVER)がおすすめな理由

エックスサーバーは、機能の充実と安定して使えることから、プロから初心者まで幅広い層が好んで使い続けています。つまり、どんな人にも使いやすいレンタルサーバーということです。

キャンペーンを使えば初期費用を抑えることができるのも、おすすめする理由のひとつです。

いつもなにかしらのキャンペーンをしているので、サーバー選びに迷ったらエックスサーバーを選んでおけば間違いありませんよ。

 エックスサーバーをおすすめする理由

・ほとんどのブロガーが利用しているので、困ったときにネットで調べることができる

・管理画面が使いやすく、機能が充実している

・WordPressのインストールが簡単にできる

・100万PVまでのアクセスに耐えられるほど安定して使える

>> 「エックスサーバー」にアクセス

クリックして公式サイトを開きながらすすめてください。

 エックスサーバーキャンペーン中

2021年7月29日までにエックスサーバーを新規契約すると、無料でドメインがもらえる + 利用料金20%オフキャンペーン中です。
通常は年間1,000円ほどかかるドメイン代が、サーバー契約をするだけで半額になります。

エックスサーバーのキャンペーンドメインを使う手順は別ページになるので、下の関連記事に進むようにしてください。

[sitecard subtitle=エックスサーバー url= https://chiharudesign.com/xserver-campaign/]

エックスサーバーで契約

まずは、エックスサーバーの公式ページへアクセスします。

>>「エックスサーバー」にアクセス

クリックすると公式ページが開きます。

エックスサーバー 申し込み

アクセスできましたら、画面中央の 「お申し込みはこちら」 をクリックしてください。

エックスサーバー 申し込み

次に、「10日間無料お試し 新規お申し込み」 をクリックしてください。

エックスサーバー 申し込み

「サーバーお申し込み」をクリックしてください。

エックスサーバー 申し込み プラン

まずは、サーバーIDの入力とプランの選択です。

 サーバーIDとは?
サーバーIDは、サーバーの管理画面へログイン・サーバー本体のメールアドレスに使うIDのことです。他の人のIDと重複しないように自分で決めることもできますが、そのままでもOKです。
一度サーバーIDの登録をすると変更できません。

X10プランはエックスサーバーの中でも最安プランですが、ブログ運営に必要な機能は全てそろっていますので、初心者さんにおすすめです。

エックスサーバー X10 料金表

契約更新の時にプラン変更ができますので、ブログのアクセス数によって調整するようにしてください。

 

次に、登録情報を入力をしていきます。

エックスサーバー 申し込み 情報登録

上から順番に必要事項を入力して、画面下のチェックボックスにチェックをつけてから、「お申し込み内容の確認へ進む」 をクリックします。

エックスサーバー 申し込み 情報登録 確認

個人情報の入力欄に誤りがないか再度チェックをし、間違いがなければ 「SMS・電話認証へ進む」 をクリックしてください。

エックスサーバー 申し込み 認証

1.居住国(日本)を選択して、右側に電話番号を入力してください。

2.自動音声の方が確実ですが、お好きな受信方法を選択してください。

3.「認証コードを取得する」をクリックします。

 

エックスサーバー 申し込み 認証

・テキストメッセージで取得:メール(SMS)で5桁のコードが送られてきます。

・自動音声通話で取得:電話がかかってきて、自動音声で5桁のコードを教えてくれます。

5桁の認証コードを入力して、「認証して申し込みをする」 をクリックします。

コード取得できないときは、「認証コードを再取得する」をクリックすると再送されますよ。

エックスサーバー お申し込み完了

これで、サーバーの申し込みは完了です!

申し込みが完了すると、「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」というメールが届きますので必ず確認してください。

エックスサーバー お申し込み内容 確認 メール

このメールは、とても重要なので大切に保管してください。

重要なのは、XserverアカウントID・メールアドレス・Xserverアカウントパスワード・ログインURL

エックスサーバー アカウント情報

 

エックスサーバーに支払い

意外と忘れがちなのが、料金の支払いです。仮申込の状態なので、すぐに初期費用+月額費用の支払いを終わらせておきましょう。

 すべての設定が終わったあとに料金の払い忘れに気づく方、多いです!支払いを忘れてしまうと、また最初から設定をしなければいけませんので、必ずお支払いをしてください。

無料期間中に支払っても、無料期間終了後からの請求分を支払ったことになっていますので、安心してくださいね。

では、お支払いをしましょう。エックスサーバーアカウントにアクセスします。

>>「エックスサーバーアカウント」にアクセス

クリックするとエックスサーバー アカウントにログイン画面が開きます。

エックスサーバー アカウント ログイン

エックスサーバー アカウント ログイン

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

エックスサーバー アカウント 料金のお支払い

ログインができたら「料金のお支払い/請求書発行」をクリックしましょう。

エックスサーバー アカウント 料金のお支払い

料金を支払うサーバーにチェックを入れて、更新期間を選んだ後に「お支払い方法を選択する」をクリックしてください。

更新期間は、ブログを作るためのモチベーションを維持するためにも1年がおすすめです。

クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・ペイジーの中から選んでお支払いできます。その中でもクレジットカードは、支払い完了の反映が早く、自動更新もできます。

これでサーバーの支払いは完了です。

【ステップ2】ドメインを取得

ブログの流れ

続いてドメインを取得します。ドメインとは、WebサイトのURLのことです

当ブログ(ChiharuDesign.com)でいうと「chiharudesign.com」がドメインです。

〇〇〇.netや〇〇〇.comなど、〇〇〇は好きな文字を選ぶことができます。

お名前.comでドメインを取得

ドメインはお名前.comで取得します。

お名前.com

お名前.comは、個人ブロガーから有名企業まで幅広いユーザーが使っているドメイン取得サービスなので安心です。

それでは、「blog-domain」という文字を登録すると仮定して、具体的なドメインの取得手順を解説していきますね。

>>お名前.comにアクセス

クリックすると公式ページが開きます。

お名前.com ドメイン検索

1.アルファベットで好きな文字を入力します。(今回はblog-domainと検索しました。)

2.「検索」 をクリックします。

すでに他の人が利用している文字は、利用できないようになっています。
日本語で好きな文字を選ぶこともできますが、コピペの時に日本語部分が文字化けしますので、アルファベットを選ぶといいですよ。

選んだ文字がドメインに使える場合に、下の画像のように表示されます。

お名前.com ドメイン検索

つぎに選択するのは、「.com」「.net」「.jp」などのドメインです。

チェックを付けられるドメインは全て取得可能ですので、好きなドメインにクリックしてチェックを入れます。

あまり見慣れないドメインを選んでしまうと「怪しいサイトかも?」と、警戒されてしまいますので.com」「.net」「.jp」の中から選ぶと安心ですよ。

お名前.com ドメイン検索

今回は仮なので、「.xyz」にチェックをしました。

ドメインにチェックを入れたら 「料金確認へ進む」 をクリックします。

お名前.comに支払い

お名前.com 料金 支払い

登録年数が1年になっていることを確認して、ドメインの管理をする時に使うメールアドレスとパスワードを入力してから 「次へ」 をクリックします。

「Whois情報公開代行メール転送オプション」と「ドメインプロテクション」と「SSL証明書」は関係ないので、チェックがついていたら外すようにしてください。

お名前.com 会員情報の入力

上から順番に会員情報の入力をして 「次へ進む」 をクリックします。

お名前.com 会員情報の入力 クレジット

お支払い情報を入力して 「申し込む」 をクリックします。

お支払い方法は、クレジットカード・コンビニ・銀行振込・請求書から選べますが、ドメインの登録は先着順なので一番決済の早いクレジットカード払いがいいですよ。

クレジットカード以外でお支払いする場合、「+その他の支払い方法はこちら」 をクリックするとお支払い入力画面が表示されます。

お名前.com 会員情報の入力 

「サーバーも一緒に申し込みませんか?」と、おすすめされますが「申し込まない」 をクリックしてください。

お名前.com お申し込み完了

「お申し込みを受け付けました。」が表示されたら、ドメインの申し込み完了です!

お名前.comからのメールを確認

申し込みが完了すると、お名前.comから5通ほどメールが届きます。

お名前.com お申し込み完了 メール

その中の「【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い」のメールを開きます。

お名前.com お申し込み完了 メール

メールの中に「URL」がありますので、クリックしてください。

お名前.com お申し込み完了 メール

これでメールアドレスの有効性が認証されましたので、ドメイン取得は完了です。

 お名前.comから「ドメインプロテクションを契約しましょう」「Whois転送サービスに登録しましょう」など、いろいろなお知らせメールが届くようになります。ドメインの更新お知らせのみチェックすれば、基本的に何もしなくてOKです。

【ステップ3】ドメインとサーバーをつなぐ

ブログの流れ

サーバーを借りて、ドメインを取得できましたね。お疲れさまです!

つぎは、「エックスサーバーで借りたサーバー」と「お名前.comで取得したドメイン」をつなげます。

わかりやすく言い換えると、役所へ住所変更の届けに行くイメージです。

(転出先と転入先の2箇所に届けが必要ということです。)

お名前.comでネームサーバーの設定

ネームサーバーなんて見るとむずかしく感じるかもしれませんが、手順通りに進めるだけで、いつの間にかできていますので安心してくださいね。

まずは、お名前.comにログインします。

>>お名前.comにアクセス

クリックするとお名前.comのログインページに移動できます。

お名前.com ログイン

お名前IDとパスワードを入力して 「ログイン」 をクリックします。

お名前.com ログイン メール

お名前IDがわからないときは、お名前.comから送られてきた「[お名前.com]ドメイン登録 完了通知」のメールに書いてありますので確認してください。

お名前.com ログイン

ログインをしたら上記の画面の左上の「TOP」をクリックしてください。

お名前.com ログイン

もし、こんなお知らせが表示されたら「更新画面から移動する」をクリックしてください。

お名前.com ログイン

「TOP」が表示されたら「ドメイン一覧」をクリックします。

お名前.com 初期設定

先ほど登録をしたドメインの項目にあるネームサーバーの「初期設定」をクリックします。

お名前.com 初期設定

上の画像の「その他」の部分をクリックしてください。

お名前.com 初期設定

「+」をクリックして、ホームサーバーの欄を2つ増やします。

お名前.com 初期設定

ネームサーバーに5つの欄ができたら、下記の内容をそのままコピーして貼り付けます。(nsからはじまる部分をコピーしてください。)

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

貼り付けが終わったら、「確認」 をクリックします。

お名前.com 初期設定

確認画面が表示されたら、「OK」 をクリックします。

お名前.com 初期設定

「完了しました。」が表示されたら、お名前.comのネームサーバーの設定は完了です。

エックスサーバーでドメインの設定

お名前.comのネームサーバー設定が完了したので、つぎにエックスサーバーでドメイン設定をしていきます。

まずは、サーバーパネルにログインします。
(サーバー料金のお支払いをしたページとは違うページです。)

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

エックスサーバー サーバーパネル

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

エックスサーバー サーバーパネル ドメイン設定

サーバーパネルにログインできたら、「ドメイン設定」をクリックします。

エックスサーバー ドメイン設定

「ドメイン設定の追加」をクリックして、ドメインの設定をしていきます。

エックスサーバー ドメイン設定

1.お名前.comで取得したドメイン名を入力します。

2.「無料独自SSL」「高速化・アクセス拡張機能を有効にする」はチェックを入れます。
(あらかじめチェックがついていることもあります。)

3.「確認画面へ進む」 をクリックします。

エックスサーバー ドメイン設定

ドメイン名が合っているか確認をして、「追加する」 をクリックしてください。

エックスサーバー ドメイン設定

エックスサーバーのドメイン設定が完了しましたので、サーバーとドメインがつなげるのが完了しました。

【ステップ4】WordPressをインストール

ブログの流れ

つぎは、エックスサーバーのサーバーパネルからWordPressのインストールをします。

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

エックスサーバー サーバーパネル

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

サーバーパネルが表示されましたら、下の方にWordPressの項目がありますので「WordPress簡単インストール」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

ドメイン選択画面が表示されたら、WordPressをインストールをしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

つぎは、「WordPressインストール」をクリックしてください。

1.サイトURL:なにもしなくてOKです。

2.ブログ名:ブログタイトルを入力します。
(後から簡単に変更できます。)

3.ユーザー名:WordPressにログインする時に使うユーザー名です。

4.パスワード:WordPressにログインする時に使うパスワードです。

5.メールアドレス:ご自身の使っているメールアドレスを入力してください。

6.キャッシュ自動削除:「ONにする」を選択してください。

7.データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

必要事項を入力できたら、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

入力した内容の確認画面が表示されますので、入力内容が正しければ、「インストールする」 をクリックしてください。

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

自動インストールが終わるとWordPressにログインするための重要な情報が表示されますので大切に保管してください。

1.管理画面URLをクリックすると、ログイン画面が表示されます。WordPress ログイン画面

2.ユーザー名を入力します。

3.パスワードを入力します。

4.「ログイン」 をクリックでログインができます。

これから、何度もWordPressにアクセスすることになると思いますので、管理画面URLはブックマーク、ログイン情報(ユーザー名・パスワード)は、メモしておきましょう。

 管理画面URLをクリックした時に「無効なURLです。」と表示されることがありますが、まったく問題ありません。反映されるまでに時間がかかることがありますので、1〜3時間後に再度アクセスすればつながりますよ。

ダッシュボード 

これがWordPressの「ダッシュボード」、WordPressのスタート画面です。

以上でWordPress(ワードプレス)のインストールは完了です!

【ステップ5】WordPressの初期設定

ブログの流れ

WordPressにログインができたら、初期設定を行なっていきましょう。

初期設定は、あとからも設定できますが、最初に設定しておくと安心です。たまに、忘れちゃう方もいるので…

WordPress初期設定6つ

1.テーマ(デザイン)の設定

2.独自SSLの設定

3.パーマリンクの設定

4.プラグインの設定

5.グーグルアナリティクスの設定

6.グーグルサーチコンソールの設定

他の初期設定は、時間のある時でもOKです。

[sitecard subtitle=初期設定 url=https://chiharudesign.com/wordpress/]

【初期設定1】テーマ(デザイン)の設定

まずは「テーマ」を設定しましょう。無料ブログでいう「テンプレート」です。

テーマとは、専門知識がなくても簡単にWebサイトのデザインや構成、機能などを変更できるファイルのこと。好きなテーマを選んで、WordPressで使えるようにします。

高度な機能がそなえられていたり、使いやすい工夫のされているテーマは有料のものが多いので、慣れてくると無料のものでは物足りないと感じるかもしれません。

このブログの読者さんには、失敗して欲しくないので、SEO対策されているおしゃれで使いやすいテーマを厳選しましたので、こちらを参考になさってください。

[sitecard subtitle=関連記事 url= https://chiharudesign.com/wordpress-theme-recommend/]

ブログで稼ぎたいと考えている方は、有料テーマを強くオススメします!

では、無料のテーマの探し方についてお伝えします。

テーマ ダッシュボード
1.ダッシュボード
2.外観
3.テーマ

テーマ 新規追加
「新規追加」をクリックします。テーマ 新規追加 アップロード
テーマが表示されますので、好きなテーマを選びます。
テーマ 新規追加 詳細 プレビュー
テーマの詳細が知りたいときは「詳細&プレビュー」をクリックしてください。なにもなさすぎてびっくりするかもしれませんが、記事を増やせば形になっていくので安心してくださいね。
テーマ 新規追加 インストール
詳細を確認して問題なければ、「インストール」をクリックしてください。
テーマ 新規追加 有効化
インストールが完了したら、「有効化」をクリックで完了です。

ちなみに、無料版でおすすめなのは、LION BLOG(ライオンブログ)です。

【初期設定2】独自SSLの設定

次は、エックスサーバーのサーバーパネルから独自SSLの設定をします。

独自SSLとは、Web上のデータを暗号化することで、データの盗聴や改ざんを防ぐことができる技術のことです。

独自SSL設定をしているWebサイトのURLには、「https」と、「 s 」が付け加えられて表示されます。

「安心なWebページ」ということをお伝えするために、とても大切な設定ですので必ず設定するようにしてくださいね。

では、独自SSLの設定をしましょう。

サーバーパネルにログインします。

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

エックスサーバー サーバーパネル

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

サーバーパネルの「SSL設定」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

独自SSL設定をしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

SSL設定画面が表示されますので、「独自SSL設定追加」をクリックしてください。

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

設定対象ドメインに独自SSL化したいドメインが表示されているか確認をして、表示されたら、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

お疲れさまでした。これで独自SSL設定は完了です。

httpsのリダイレクト設定

追記:2020年11月26日現在 「 s 」をつけずにブログが開くのか試してみたら開きました!

   エックスサーバーなら、リダイレクトの設定はしなくても大丈夫そうですが、心配な方のために記事は残しておきます。

さきほど「https」の設定をしましたが、URLを直接入力してWebページを開こうした時、「http」のように「 」の入力を忘れると表示できなくなってしまいます。

他には、独自SSLの設定をする前のURLをブックマークされている場合は、「 s 」が抜けているので、「ページが表示できません」となります。

httpsのリダイレクト設定は、URLに「 」が付いていても、付いていなくてもWebページを表示させるための設定です。

では、httpsのリダイレクト設定をしましょう。

サーバーパネルにログインします。

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

エックスサーバー サーバーパネル

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

「.htaccess編集」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

設定をしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

.htaccess編集に画面表示が切り替わりますので「.htaccess編集」をクリックしてください。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

上のコードをコピーして貼り付けます。

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

コードを貼り付けたら、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

確認画面が表示されますので、 をクリックしてください。

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

これでhttpsのリダイレクト設定が完了です。

WordPressのhttps設定

URLに「 s 」がついてアドレスが変わりましたので、WordPressにもhttpsの設定をしましょう。

WordPress ログイン画面

管理URLからユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力してWordPressにログインします。

ダッシュボード 一般

ダッシュボードが表示されましたら、設定にカーソルを合わせて一般をクリックします。

ダッシュボード>設定>一般

WordPress サイトアドレス WordPressアドレス

一般の設定画面が表示されましたら、WordPressアドレスとサイトアドレスのURLに「 」を入力して付け加えてください。

ちなみに「 」は、小文字の「 」です。

「 」を付け加えたら、「変更を保存」 をクリックしてください。

お疲れさまでした。これでWordPressのhttpsの設定も完了です。

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

【初期設定3】パーマリンクの設定

パーマリンクとは、各ページのURL末尾のこと。下記画像のURLなら「 setting_2 」がパーマリンクになります。

パーマリンク

WordPressのパーマリンクは6種類の表示形式から選択できますが、おすすめは「投稿名」。

基本的にパーマリンクは検索順位に影響を与えませんが、意味のある単語を使ってURLを構成することをGoogleが推奨しています。

パーマリンクに使う文字列は、文字化けする恐れがあるので日本語は使わずにローマ字や英語で。複数の単語をつなげるには間に「 – 」を使うようにしてください。

例えば、blog-start-domainなど。

パーマリンク 設定 ダッシュボード

ダッシュボード設定パーマリンク設定

パーマリンク 設定 ダッシュボード

投稿名を選択して「変更を保存」  をクリックします。

【初期設定4】プラグインの設定

WordPress本体は、とってもシンプルな機能で成り立っているので、プラグインを使って必要な機能を追加していきます。

「プラグイン」は、「テーマ」と同じように必要なファイルがひとまとまりになっているので、インストールして使えるようにします。

簡単に言えば、スマートフォンのアプリをイメージしていただければ、わかりやすいと思います!

おすすめのプラグインについては、後日お伝えしますね!

【初期設定5】グーグルアナリティクスの設定

グーグルアナリティクス

「グーグルアナリティクス」とは、ブログを分析するツールのことです。

日頃から、ブログの状態をチェックしておくことで、記事の分析やSNSの反応で記事をシェアしたときの反応などを確かめることができます。

 グーグルアナリティクスでわかること

・どのくらいの人にブログを見てもらえた?
(1日や1週間など期間の指定もできます。)

・どの地域からあなたのブログを見てもらえた?

・パソコン・スマートフォンなど、なにを使った?

・何ページ見てもらえた?

・ブログを見てもらえた時間はどのくらい?

いろんな角度からブログの分析ができますので、必ず「グーグルアナリティクス」を設定しましょう。

WordPressでグーグルアナリティクスを設定する手順については、後日詳しくお伝えしますね。

【初期設定6】グーグルサーチコンソールの設定

グーグルサーチコンソール

「グーグルサーチコンソール」とは、SEO解析ツールのことです。

 グーグルサーチコンソールでわかること

・「どの単語」を検索してブログにたどり着いた?

・検索できるWebページの中で、自分の順位は?

・検索される単語に対して、クリックされる回数は?

・グーグルにブログのサイトマップを送信できる

ブログのファンを作るためにも、「サーチコンソール」の登録をして、新規記事やリライトのときに役立てましょう!

WordPressでグーグルサーチコンソールを設定する手順については、後日詳しくお伝えしますね。

おさらい

ブログの流れ
  1. サーバーの契約
  2. ドメインを取得
  3. ドメインとサーバーをつなげる
  4. WordPressをインストール
  5. WordPressの初期設定


この手順ですすめれば初心者さんも安心してWordPressでブログをはじめられます。

項目は多いですが、ひとつひとつは簡単な作業なので少しずつはじめていきましょう。


以上【エックスサーバー×お名前.com】WordPressブログをはじめるでした。

お読みいただきありがとうございました。

「やっぱり、設定するの面倒くさい…」という方は、設定代行しますので下記フォームよりお問い合わせください。

お問合わせ
最新 記事