初心者が使いやすいWordPress用レンタルサーバー【おすすめ3社】

wordpress レンタルサーバー

もくじ

WordPressでブログをはじめるなら「最適なレンタルサーバー選び」がとっても大切です。

なぜなら、レンタルサーバーの機能によってWordPressのパフォーマンスが左右されるから。

今回は、レンタルサーバーの基礎知識、おすすめのレンタルサーバー3社の比較をお伝えしますので、参考になさってください。

レンタルサーバー比較表

いろいろ試した中で個人的に1番おすすめしたいレンタルサーバーは、エックスサーバーです。(当ブログも使っています)

運営実績が長く安定しているので、安心して使い続けることができます。

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
初期費用3,300円0円〜0円
月額990円〜99円〜740円〜
おすすめプランスタンダードスタンダードベーシック
機能
設定のわかりやすさ

2022年 3月 ChiharuDesig調べ

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、業者が常時起動・管理しているサーバーを貸し出すサービスのこと。

読者さんの要求に対して、必要なデータを提供することがサーバーの役目。

そのために必要となる情報(プログラムや画像など)の保管もしています。

レンタルサーバーの仕組み

レンタルサーバープランの違い

レンタルサーバーのプランは、実物の倉庫のように保管環境・保管容量・処理速度などの違いがあります。

容量が多く処理が速いサーバーは高価、それに対して、容量が小さく処理が遅いサーバーは安価に。

そして、WordPressでブログをはじめるなら、これからお伝えする条件を満たしたレンタルサーバーが必須になります。

これから必要な条件をお伝えしますが、「そういうのはいいから、おすすめを教えて!」いう方はおすすめのレンタルサーバー3社まで読み飛ばしてください。

3社ともWordPressを使うために必要な条件を満たしているので、その中から選択してください。

WordPressに適したサーバーの条件

WordPress公式が推奨しているレンタルサーバーの条件がこちら。

つまり、WordPressを使うには、適したレンタルサーバーを使ってくださいということ。

具体的にお伝えすると、こちらの9つ。

  1. PHPが使える
  2. データベース管理システムが使える
  3. 処理が速い
  4. 安心して使えるセキュリティ
  5. 上限の高いデータ転送量
  6. WordPressのインストールが簡単
  7. 自動バックアップ
  8. 使いやすい管理画面
  9. サポートがある


これらの機能が整っているレンタルサーバーを使えば、初心者さんもWordPressを快適に使えます。

では、ひとつづつチェックポイントをお伝えしていきますね。

チェック1. PHPが使える

まずは、PHPが使えることについて。

PHPは、プログラミング言語のひとつで動きのあるWebページに使います。

例えば、ショッピングカートの自動計算・お問い合わせフォーム・ログイン機能など、WordPressにも使われています。

PHPは、以下の理由からバージョンアップを続けています。

  • 処理のパフォーマンスを向上させるため
  • プログラムバグの修正などによるセキュリティ向上のため

 

使用するPHPのバージョンによって、ブログが正常に動作しない可能性があるため、適切なバージョンが使えるかチェックしましょう。

エックスサーバーロリポップ!コノハウィングは、バージョン変更も対応可能で、適切なPHPバージョンを使えるので安心ですよ。

 

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
PHP
バージョン変更可

バージョン変更可

バージョン変更可

チェック 2. データベース管理システムが使える

次は、データベース管理システムが使えることについて。

WordPress利用条件の “MySQL・MariaDB“ はデータベース管理システムのこと。

つまり、適切なデータベース管理システムを使ってくださいということです。

データベース管理システムは、ブログを運営するための情報を保存できます。

具体的には、こちら。

  • 記事タイトル
  • 記事本文
  • ステータス(公開済・下書き)
  • 作成日時・更新日時
  • タグ・カテゴリー

 

また、原則として、ひとつのWordPressブログに対して、ひとつのデータベース管理システムが必要です。

そのため、複数のブログを開設する場合は、データベース管理システムを複数設定できるレンタルサーバーを使わなければなりません。

エックスサーバーロリポップ!コノハウィング、3社ともMySQL・MariaDBが使えて制限なく設定できます。

 

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
種類2021年3月より
新規申し込み MariaDB/既存 MySQL
MySQLMySQL
設定可能数無制限無制限無制限

チェック 3. 処理が速い

次は、処理が速いことについて。

動きが遅いと読者さんのストレスになるため、プログラム処理が速いレンタルサーバーを選択するようにしてください。

処理速度は、レンタルサーバーに使われているディスクによって異なります。

レンタルサーバーで使われているディスクは、SDDとHDDの2種類。SDDはHDDより処理が速いです。

エックスサーバーコノハウィングはSSD、ロリポップ!は、プランによって使用ディスクが異なります。

 

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
ディスクの種類SSDSSDまたはHDDSDD

チェック 4. 安心して使えるセキュリティ

次は、セキュリティについて。

WordPress利用条件の ”HTTPS対応” は、読者さんに安心してブログを読んでもらうためにも必要な「独自SSL」のこと。

独自SSLとは、Web上のデータを暗号化し、データの盗聴や改ざんを防ぐことができる技術。

特に、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなど、個人情報の入力が必要な場合は必須です。

独自SSLに対応しているページのURLは s が追加され「https://~」と表示、非対応のページは「安全ではありません」と表示され読者さんを不安にさせてしまいます。

また、GoogleはSSLが検索ランキングに影響すると明言しているので、セキュリティ対策としてだけでなくSEOの観点からも独自SSLは重要です。

エックスサーバーロリポップ!コノハウィング、どれも無料でSSL設定できます。

 

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
独自SSL設定

チェック 5. 上限の高いデータ転送量

次は、データ転送量について。

データ転送量とは、Webページにアクセスされたときにサーバーからユーザーのパソコンへ送られる文字や画像・動画などのデータ合計量のこと。

転送量が多いほど、Webページにスムーズにつながります。

エックスサーバーは900GB/日、ロリポップ!コノハウィングは、プランによって転送量が異なります。

 

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
データ転送量900GB/日258~1,161GB/日(月8~36TBを日割)870~1451GB/日(月27~45TBを日割)

 

Googleが推奨している容量は1ページあたり1.6MB以内、約1MBとして計算すると1MB×90,000アクセス=90MBになるので、1日に9万件のアクセスがない限り心配はありません。

また、ブログのページ数によって異なるため、目安にしてください。

チェック 6. WordPressのインストールが簡単

次は、WordPressのインストールについて。

エックスサーバーロリポップ!コノハウィング、ユーザー名やメールアドレスなどを入力するだけで簡単にWordPressをインストールできます。

2021年9月現在、WordPressは世界のWebサイトで40%以上シェアされるほど人気なので、ほとんどのレンタルサーバーで簡単にインストールできるようになりました。

チェック 7. 自動バックアップ

次は、自動バックアップについて。

保存されているデータが、不具合や故障などにより消えてしまうことがあります。

このようなことは、めったにありませんが万が一のために、自動バックアップがあると安心です。

エックスサーバーコノハウィングは標準装備、ロリポップ!は、エンタープライズプラン以外は+300円です。

 

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
自動バックアップ標準装備エンタープライズプラン以外は+300円標準装備

チェック 8. 使いやすい管理画面

次は、管理画面について。

管理画面が使いずらく探しにくいとストレスになるので、途中でブログを放置してしまう原因になります。

そのため、管理画面の使いやすさも大切です。

エックスサーバーロリポップ!コノハウィングは、どの管理画面もわかりやすく整理されているので、探しやすく使いやすいです。

エックスサーバー 管理画面
出典:エックスサーバー
ロリポップ 管理画面
出典:ロリポップ!
コノハウィング 管理画面
出典:コノハウィング

チェック 9. サポートがある

次は、サポートについて。

初心者さんに限らず、はじめのうちは、わからないことが出てくるので、サポートがあると安心です。

メールサポートは返答に時間がかかるため、できれば電話サポートのあるレンタルサーバーを。

エックスサーバーコノハウィングはメールと電話、ロリポップ!はメールと電話、チャットの対応が可能です。

 

 エックスサーバーロリポップ!コノハウィング
サポートメール・電話メール・電話・チャットメール・電話

おすすめのレンタルサーバー3社

ひとつひとつの機能内容も重要ですが、トータルでバランスのとれたレンタルサーバーを選ぶことが大切。

これから紹介するレンタルサーバーは、WordPressを使うための条件を十分に満たしています。

  1. PHPが使える
  2. データベース管理システムが使える
  3. 処理が速い
  4. 安心して使えるセキュリティ
  5. 上限の高いデータ転送量
  6. WordPressのインストールが簡単
  7. 自動バックアップ
  8. 使いやすい管理画面
  9. サポートがある


その上で「初心者さんが使いやすいレンタルサーバー」を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

安心・安定の老舗ならエックスサーバー

レンタルサーバー エックスサーバー xserver
出典:エックスサーバー

自分でレンタルサーバーを選ぶのが不安な方、どれを選べばいいのかわからない方は、エックスサーバー一択でOK。

断言できるほどおすすめな理由は、いつでもサポートしてくれる安心感と2003年から運営され続けている長い実績があるため、情報が豊富で本やネットで簡単に調べることができるから。

サーバーの処理が速く、スペックも高く安定しているため、WordPressを快適に使えます。

 

初期費用3,300円〜独自SSL設定
月額990円〜データ転送量150GB/日
おすすめプランスタンダードWordPressインストール簡単
PHP自動バックアップ標準装備
データベースMariaDB・MySQL設定画面
ディスクSDDサポートメール・電話

「レンタルサーバー選びに失敗したくない」とういう方に、一番おすすめのレンタルサーバーです。

コストパフォーマンス重視ならロリポップ!

レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP
出典:ロリポップ!

「機能や速さよりもコスパを重視したい!」という方は、ロリポップ!がおすすめです。

管理画面がわかりやすくシンプルな作りになっていますので、初心者の方も簡単に使うことができますよ。

小規模なWebサイト(5万PV以下)の運営をお考えの方や、コスパ重視の方にロリポップ!がおすすめです。

 

初期費用0円〜
(キャンペーン中)
独自SSL設定
月額99円〜データ転送量150GB/日
おすすめプランスタンダードWordPressインストール簡単
PHP自動バックアップエンタープライズプラン以外は+300円
データベースMySQL設定画面
ディスクSSDまたはHDDサポートメール・電話・チャット

表示速度重視・最新環境ならコノハウィング

レンタルサーバー コノハウィング ConoHaWING
出典:コノハウィング

「最新の性能やサービスのレンタルサーバーを使いたい」とお考えの方には、コノハウィングがおすすめです。

2013年から運営がはじまった比較的新しいレンタルサーバーサービスです。

Webページの表示が速く、サポートが充実しているので、最新の性能・サービス面を重要視する方にコノハウィングがおすすめです。

 

初期費用0円独自SSL設定
月額828円〜データ転送量150GB/日
おすすめプランベーシックWordPressインストール簡単
PHP自動バックアップ標準装備
データベースMySQL設定画面
ディスクSDDサポートメール・電話

サーバー選びに悩むなら、エックスサーバーに決める

レンタルサーバー エックスサーバー xserver
出典:エックスサーバー

はじめのうちは、わからないことだらけでレンタルサーバーを決めるだけでも大変な苦労だと思います。

ですが、今回の記事を読んでいただければ、自分に合ったレンタルサーバーがわかると思うので、ぜひ参考になさってください。

自分で決められず悩んでしまうなら、当ブログでも使っているエックスサーバーを選んでください。

以上、初心者が使いやすいWordPress用レンタルサーバー【おすすめ3社】でした。

お読みいただきありがとうございました。

お問い合わせやご感想など、お気軽にこちらからお送りください。

最新記事