【WordPressに最適のレンタルサーバー】初心者におすすめのサーバー

【WordPressに最適のレンタルサーバー】初心者におすすめのサーバー

  • WordPressブログをはじめるのにおすすめのレンタルサーバーってどれ?
  • レンタルサーバーには、どんな違いがあるの?
  • レンタルサーバーを選ぶのに失敗したくない!
  • 初心者でも簡単に設定できるレンタルサーバーないかなあ

こんにちは!Chiharuです。
こんなお悩みが解決できる記事を書きました。
ぜひ参考になさってください。


この記事では「おすすめレンタルサーバー3社」の比較と、レンタルサーバーを選ぶときに重要な失敗しないための基礎知識を解説していきますので、自分に合ったレンタルサーバーを選ぶことができます!

 

私自身がレンタルサーバーを使って、初心者目線で「初心者向け」「コスパ」「機能」を検証したので、ぜひ参考になさってください。

 

レンタルサーバー比較表

 

レンタルサーバー

 

いろいろなレンタルサーバーを試した中で、初心者がブログで稼ぐのに最もおすすめなのは、エックスサーバーです!

 

レンタルサーバー エックスサーバー xserver レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP レンタルサーバー ConoHa コノハ
初期費用 3,000円 1,500〜3,000円 無料
月額 1,200円〜 250円〜 800円〜
おすすめプラン X10 スタンダード ベーシック
機能
設定のわかりやすさ

 

レンタルサーバーとは?

 

レンタルサーバー

 

サーバーとは、ページを表示するために必要となる情報を保管しておく場所のことで、Webサイトを表示させるために必要な情報(プログラムや画像など)を必要に応じて出し入れする役目をしています。

 

その中でもレンタルサーバーは、業者がサーバーを貸し出すサービスのことで、サーバーを常時起動して管理もしてくれているんですよ!

 

 

レンタルサーバーのプランの違い

 

実物の倉庫のように、保管環境・保管容量・処理速度などの機能の違いでプランが変わります。

 

容量が多くて、処理速度が早いものですと高価になりますし、反対に容量が小さくと処理速度が普通のものでしたら安価になるんです。

 

レンタルサーバーを提供している会社によって、特徴や機能など、プラン内容が異なりますので、これからお伝えする条件を参考にして自分に合ったレンタルサーバーを選んでくださいね!

 

WordPress(ワードプレス)に適したサーバーの条件

 

レンタルサーバー

 

WordPressを使うには、HTMLなどのプログラミング言語を使ってゼロから手作業でWebサイトを作るのとは違って、WordPressというソフトを使います。

 

PHP バージョン 7.3 以上
MySQLバージョン 5.6 以上、または、MariaDBバージョン 10.1 以上
HTTPS対応

WordPress.orgより

 

こちらは、公式が推奨している条件で、WordPressを快適に使うために必要なサーバーの機能です。

 

わかりやすく言うと、WordPressに適した環境で使う必要があるということです。といっても、Webサイトの運営者が、WordPressの中身を操作するわけではありませんので安心してくださいね!

 

では、WordPressを快適に使うには、「どんなレンタルサーバーを選べばいいのか?」チェックポイントをお伝えします!

 

WordPressを使うためにレンタルサーバーに必要な機能

  • プログラム(PHP)の処理速度が早いこと
  • メモリ容量が多いこと
  • データ転送量の上限が高いこと
  • WordPressのインストールが簡単なこと
  • 自動バックアップがあること
  • セキュリティ面がしっかりしていること

 

これらの機能が整っているレンタルサーバーを使えば、WordPressを快適に使えますよ!

 

では、ひとつずつ説明していきますね。(^^)

 

【必要な機能 1プログラム(PHP)の処理速度が早いこと

 

はじめにお伝えするのは、プログラム(PHP)の処理速度が早いことです。PHPとは、プログラミング言語のひとつで、動きのあるWebページを作るときに使われます。

 

ショッピングカートに入っている商品数の自動計算や、合計金額の自動計算など、何かをした後に反応したり何かをするときに自動で反応するのは、PHPが働いているということなんです。

 

PHPの反応が遅いとユーザーにとってストレスになりますし、ページを閉じてしまう原因になりますので、プログラム処理速度の確認は大切です。

 

現在、私はエックスサーバー のX10プランを使っていますが、プログラムの処理速度が速いので安心です。
処理速度が違う原因は、レンタルサーバーで使っているディスクの違い。レンタルサーバーで使われるディスクは、HDDとSDDの2種類で、HDDよりSDDの方が処理速度が速いです!

 

エックスサーバーConoHaは、全てがSSDですが、ロリポップ!は、プランによってHDDとSSDのどちらかになります。

 

レンタルサーバー エックスサーバー xserver レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP レンタルサーバー ConoHa コノハ
ディスクの種類 SSD SDDまたはHDD SDD

 

【必要な機能 2メモリ容量が多いこと

 

次にお伝えするのは、メモリ容量が多いことについてです。メモリとは、データを一時的に保管しておく場所のことで、容量が多ければ多いほど、たくさんのデータのやり取りが同時にできるので、動きがスムーズに快適なやり取りができます。

 

サーバーの種類はいろいろありますが、その中でもレンタルサーバーは、契約している複数の人が共用で使うサーバーのため、メモリが多い方が快適に使うことができるんですよ。

 

リアルタイムアクセス 常時メモリ使用量
月10万PV 10 0.05GB
月30万PV 30 0.15GB
月50万PV 50 0.25GB
月100万PV 130 0.65GB

 

WordPressを使う場合は、多く見積もって16GBあると安心です。

 

メモリを公開しているレンタルサーバーは少ないので、契約者みんなで使うということを知っていれば大丈夫です!

 

【必要な機能 3データ転送量の上限が高いこと

 

次にお伝えするのは、データ転送量に上限が高いことについてです。データ転送量とは、Webページにアクセスされた時に、サーバーからユーザーのパソコンへ送られる文字や画像、動画などのデータの合計量のことで、転送量が多いほど、Webページにスムーズにつながります。

 

Googleが推奨している容量は1ページあたり1.6MB以内なので、約1MBとして計算しますと1MB×70,000アクセス=70MBになるので、1日に7万件のアクセスがない限り心配はありません。

 

また、運営するWebサイトのページ数によって異なりますので、この数字は目安にしていただけるといいと思います。

 

エックスサーバーConoHaロリポップ!、どれも1日あたり転送量の上限は150GBです。

 

レンタルサーバー エックスサーバー xserver レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP レンタルサーバー ConoHa コノハ
データ転送量 150GB/日 150GB/日 150GB/日
(月4.5TB表記を日割)

 

【必要な機能 4WordPressのインストールが簡単なこと

 

次にお伝えするのは、WordPressのインストールが簡単なことについてです。

 

今は、ほとんどのレンタルサーバーでWordPressのインストールが簡単にできるようになりました!この記事で紹介しているレンタルサーバーは、どれも簡単にWordPressのインストールができますので安心してくださいね。

 

エックスサーバーConoHaロリポップ!、どれもWordPressが簡単にインストールできます。

 

【必要な機能 5自動バックアップがあること

 

次にお伝えするのは、自動バックアップがあることについてです。

 

保存されているデータが、不具合や故障などによって消えてしまうことがあります。このようなことは、めったにありませんが万が一の時に、データをいくつか保存しておくと安心です。

 

バックアップって、意外に面倒なんですけど、自動バックアップ機能のあるレンタルサーバーは、本当に助かります!

 

エックスサーバーConoHaは、どのプランを選んでも標準装備されていますが、ロリポップ!は、エンタープライズプラン以外はプラス300円必要です。

 

レンタルサーバー エックスサーバー xserver レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP レンタルサーバー ConoHa コノハ
自動バックアップ 標準装備 エンタープライズプランのみ
他プランは+300円
標準装備

 

【必要な機能 6セキュリティ面がしっかりしていること

 

次にお伝えするのは、セキュリティ面がしっかりしていることについてです。

 

セキュリティに独自SSLは必須です!独自SSLとは、Web上のデータを暗号化することで、データの盗聴や改ざんを防ぐことができる技術のことです。

 

主にホームページのお問い合わせフォームや、個人情報を入力してもらうWebサイト、ネットショップなどのお金に関するやり取りが必要なWebサイトに設定されています。

 

独自SSLに対応しているWebサイトは、URLの「http://~」部分にSが加わって「https://~」と表示され、対応していないWebサイトは、URLが表示されるアドレスバーに「安全ではありません」と表示され読者に不安にさせてしまいます。

 

また、Googleは、SSLが検索ランキングに影響すると明言しています。どの程度の影響なのかはわかりませんが、セキュリティ対策としてだけでなくSEOの観点からも独自SSLは必須ですよ!

 

エックスサーバーConoHaロリポップ!、どれも無料でSSL設定できます。

 

レンタルサーバー エックスサーバー xserver レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP レンタルサーバー ConoHa コノハ
SSL設定 無料で設定可能 無料で設定可能 無料で設定可能

 

初心者にオススメのレンタルサーバー

 

 

レンタルサーバーを選ぶときは、ひとつひとつの機能内容も重要なんですが、全部の機能を合わせた時にどれがいいかで選ぶといいですよ!

 

これから紹介するレンタルサーバーは、WordPressを使うための以下の条件を十分に満たしているものです。

 

  1. プログラム処理速度が速い
  2. メモリ容量が多い
  3. データ転送量の上限が高い
  4. WordPressのインストールが簡単
  5. 自動バックアップがある
  6. セキュリティがしっかりしている
  7. サポートがある

 

その上で「初心者におすすめのレンタルサーバー」を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

サーバー選びに失敗したくない方はエックスサーバー

 

レンタルサーバー エックスサーバー xserver

 

「どのレンタルサーバーを選んだらいい?」「自分でレンタルサーバーを選ぶのが不安…」とお悩みの方は、エックスサーバーの一択でいいと思います。

 

断言できるほどオススメな理由は、いつでもサポートしてくれる安心感と2003年から運営され続けている長い実績があるため、情報が豊富で本やネットで簡単に調べることができます。

 

サーバーの処理速度は十分速いですし、スペックも高く安定してWordPressを快適に使うことができますよ!

 

「レンタルサーバー選びに失敗したくない」とういう方に、一番おすすめのレンタルサーバーです!

 

エックスサーバー の詳細はこちら

 

表示速度重視・最新の環境がお好みならConoHa WING

 

レンタルサーバー ConoHa コノハ

 

「最新の性能やサービスのレンタルサーバーを使いたい」とお考えの方には、ConoHa WINGがオススメです!

 

2013年から運営がはじまった比較的新しいレンタルサーバーサービスです。

 

Webサイトの表示速度が速く、サポートが充実しているので、最新の性能・サービス面を重要視する方にConoHa WINGがおすすめです!

 

ConoHa WINGの詳細はこちら

 

コストパフォーマンス重視ならロリポップ!

 

レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP

 

「機能や速さよりもコスパを重視したい!」という方は、ロリポップ!がオススメです!

 

管理画面がわかりやすくシンプルな作りになっていますので、初心者の方も簡単に使うことができますよ!

 

小規模なWebサイト(5万PV以下)の運営をお考えの方や、コスパ重視の方にロリポップ!がおすすめです!

 

ロリポップ!の詳細はこちら

 

サーバー選びに悩むなら、エックスサーバーを使おう!

 

レンタルサーバー エックスサーバー xserver

 

以上が、【初心者向】WordPress(ワードプレス)におすすめレンタルサーバーご紹介でした。

 

初心者の方は、わからないことだらけでレンタルサーバーを選ぶだけでも一苦労だと思います。ですが、今回の記事を読んでいただければ、自分にあったレンタルサーバーを選ぶことができますので、ぜひ参考になさってください!

私が一番オススメしているのは、当ブログでも使っているエックスサーバーです!

 

土台はね、しっかりしておいた方が安心ですからね。

 

わからないことがありましたら、いつでもお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

お読みいただき、ありがとうございました。<(_ _*)>

Chiharu

No Comments

Post A Comment