【WordPressに最適のレンタルサーバー】初心者におすすめのサーバー

もくじ

 

WordPressでブログをはじめるなら、レンタルサーバーは必須です。

 

今回は、「レンタルサーバーってなに?」というところから、おすすめレンタルサーバー3社の比較までお伝えします。

 

これから長くブログを続けるために、自分に合ったレンタルサーバーを選ぶことは大切。

 

私自身がレンタルサーバーを使って、「初心者向け・コスパ・機能」を初心者目線でわかりやすく整理したので、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめのレンタルサーバーはエックスサーバー

 

結論からお伝えすると、これからWordPressでブログをはじめるならエックスサーバーがおすすめです。

 

もちろん、ブログでアフィリエイトをお考えの方にもおすすめ。

 

初期費用 月額 おすすめプラン 独自SSL WordPress
設置
自動
バックアップ
わかりやすさ 機能
エックスサーバー 0円〜 990円〜
長期契約で割引
X10 無料 簡単 標準装備
ロリポップ! 無料 110円〜 ライト 無料 簡単 エンタープライズプランのみ
他プランは+300円
ConoHa WING 無料 792円〜 ベーシック 無料 簡単 標準装備

 

レンタルサーバーとは?

 

レンタルサーバーは、業者が常時起動して管理しているサーバーを貸し出すサービスのこと。

 

サーバーとは、ページを表示するために必要となる情報を保管しておく場所です。

 

ブログを表示させるための情報(プログラムや画像など)を必要に応じて出し入れする役目をしています。

 

[vc_row css_animation=”” row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern”][vc_column width=”1/3″][icon_text box_type=”normal” holder_hover_effect=”yes” icon=”fa-keyboard-o” icon_type=”normal” icon_position=”top” icon_size=”fa-4x” use_custom_icon_size=”no” title_tag=”h5″ separator=”no” icon_color=”#31c8a2″ title=”ブログ運営者が情報を入力” title_color=”#31c8a2″][/vc_column][vc_column width=”1/3″][icon_text box_type=”normal” holder_hover_effect=”yes” icon=”fa-server” icon_type=”normal” icon_position=”top” icon_size=”fa-4x” use_custom_icon_size=”no” title_tag=”h5″ separator=”no” icon_color=”#31c8a2″ title=”サーバーが情報を管理” title_color=”#31c8a2″][/vc_column][vc_column width=”1/3″][icon_text box_type=”normal” holder_hover_effect=”yes” icon=”fa-desktop” icon_type=”normal” icon_position=”top” icon_size=”fa-4x” use_custom_icon_size=”no” title_tag=”h5″ separator=”no” icon_color=”#31c8a2″ title=”読者さんがブログを見る” title_color=”#31c8a2″][/vc_column][/vc_row]

 

レンタルサーバーのプランのちがい

 

実物の倉庫のように、保管環境・保管容量・処理速度などの機能のちがいでプランが変わります。

 

容量が多く処理速度が早いサーバーは高価、容量が少なく処理速度が普通のサーバーは安価になります。

 

レンタルサーバーを提供している会社によって特徴や機能が異なるので、おさえておきたいポイントをお伝えしますね。

 

「速さが一番!」、「バックアップがあると安心する」など、自分に合ったサーバー選びの参考にしてださい。

 

WordPressを使うレンタルサーバーでおさえておきたいポイント

 

WordPressとは、簡単にいうと専門用語がわからなくてもブログ・Webサイトを簡単に作成できるソフトのこと。

 

WordPressを快適に使うための条件は2021年8月現在、公式が下記の通りに推奨しています。

 

[blockquote text=”PHP バージョン 7.4 以上
MySQL バージョン 5.6 以上、または MariaDB バージョン 10.1 以上
HTTPS 対応
” text_color=”” width=”” line_height=”undefined” background_color=”” border_color=”#656565″ show_quote_icon=”no” quote_icon_color=””]

 

つまり、「WordPressに適した環境で使ってくださいね」ということ。

 

「適した環境=レンタルサーバーの仕様」なので、ブログ運営者は条件を満たしたレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

 

WordPressを使うレンタルサーバーでおさえておきたいポイント

[unordered_list style=’number’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • プログラム(PHP)バージョンの対応
  • 処理速度が速いこと
  • データ転送量の上限が高いこと
  • WordPressのインストールが簡単なこと
  • 自動バックアップがあること
  • セキュリティ面がしっかりしていること

[/unordered_list]

 

では、ひとつずつお伝えしていきますね。

 

【ポイント 1】プログラム(PHP)バージョンの対応

 

まずお伝えするのは、プログラム(PHP)バージョンの対応ついて。

 

PHPとは、プログラミング言語のひとつで、たびたびのバージョンアップで進化を続けています。

 

WordPress全体がPHP上に組み立てられているので、推奨されているバージョンに適応できるサーバーでなければ不具合を起こす原因となります。

 

エックスサーバー ロリポップ! ConoHa WING
PHPバージョン 7.3 / 7.4/ 8.0 利用可 7.4/ 8.0 利用可 5.6/ 7.0/ 7.1/ 7.2/ 7.3/ 7.4/ 8.0利用可

 

おすすめのレンタルサーバー3社は、どれもPHP7.4対応なので安心して使えますよ。

 

【ポイント 2処理速度が速いこと

 

次にお伝えするのは、処理速度が速いことについて。

 

処理速度がちがう理由は、レンタルサーバーで使っているディスクの違い。

 

レンタルサーバーで使われるディスクは、HDDとSDDの2種類。HDDよりSDDの方が処理速度が速いです。

 

 

エックスサーバーConoHa WINGは、すべてSSDですが、ロリポップ!は、プランによってHDDとSSDのどちらかになります。

 

【ポイント3】データ転送量の上限が高いこと

 

次にお伝えするのは、データ転送量の上限が高いことについて。

 

データ転送量とは、Webページへのアクセス時にサーバーからユーザーのパソコンへ送られる文字や画像・動画などのデータの合計量のこと。

 

転送量が多いほど、Webページへスムーズにつながります。

 

Googleが推奨している1ページあたりの容量は1.6MB以内、約1MBとして計算すると1MB×70,000アクセス=70MBになるので、1日に7万件のアクセスがない限り心配はありません。

 

また、運営するブログのページ数によって異なるので、この数字は目安にしてください。

 

エックスサーバー ロリポップ! ConoHa WING
データ転送量 150GB/日 150GB/日 150GB/日
(月4.5TB表記を日割)

 

おすすめのレンタルサーバー3社は、どれも1日あたり転送量の上限は150GBです。

 

【ポイント4】WordPressのインストールが簡単なこと

 

次にお伝えするのは、WordPressのインストールが簡単なことについて。

 

今では、専門知識がなくても「ドメイン・ブログ名・ユーザー名・パスワード・メールアドレス」などを入力するだけでWordPressのインストールができるようになりました。

 

おすすめのレンタルサーバー3社は、どれも簡単にWordPressをインストールできます。

 

【ポイント5】自動バックアップがあること

 

次は、自動バックアップがあることについて。

 

保存されているデータが、不具合や故障などによって消えてしまうことがあります。

 

このようなことはめったにありませんが、万が一のためにデータをいくつか保存しておくと安心です。

 

自分でバックアップを取ることも大切ですが、レンタルサーバーは自動でバックアップをする機能があります。

 

エックスサーバー ロリポップ! ConoHa WING
自動バックアップ 標準装備 エンタープライズプランのみ
他プランは+300円
標準装備

 

エックスサーバーConoHa WINGは、どのプランを選んでも標準装備されていますが、ロリポップ!は、エンタープライズプラン以外はプラス300円必要です。

 

【ポイント6】セキュリティ面がしっかりしていること

 

次は、セキュリティ面がしっかりしていることについて。具体的には、独自SSL設定ができるかどうか。

 

独自SSLとは、Web上のデータを暗号化することでデータの盗聴や改ざんを防ぐ技術のことです。

 

お問い合わせフォーム・個人情報の入力・ネットショップなどのお金のやり取りが必要なWebサイトは、独自SSLは必須。

 

独自SSLに対応しているとURLの「http://~」にSがプラスされ「https://~」と表示されます。

 

独自SSLに対応していないとURLと「安全ではありません」が表示され読者さんを不安にさせてしまいます。

 

また、GoogleはSSLが検索ランキングに影響すると明言しています。

 

どの程度の影響なのかわかりませんが、セキュリティ対策としてだけでなくSEOの観点からも独自SSLは必須です。

 

エックスサーバー ロリポップ! ConoHa WING
SSL設定 無料で設定可能 無料で設定可能 無料で設定可能

 

おすすめのレンタルサーバー3社は、どれも無料でSSL設定できます。

 

初心者におすすめのレンタルサーバー

 

ひとつひとつの機能も重要ですが、トータルでバランスのいいレンタルサーバーを選択するようにしてください。

 

おすすめのレンタルサーバー3社は、WordPressを使うための以下の条件を十分に満たしています。

 

[unordered_list style=’circle’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • プログラム(PHP)バージョンに対応している
  • 処理速度が速い
  • データ転送量の上限が高い
  • WordPressのインストールが簡単
  • 自動バックアップがある
  • セキュリティ面がしっかりしている
  • サポートがある

[/unordered_list]

 

これからブログをはじめる初心者さんには後悔してほしくないので、ぜひ参考にしてください。

 

サーバー選びで後悔したくならエックスサーバー

 

エックスサーバー xserver

 

「レンタルサーバーは、どれを選んだらいい?」「自分でレンタルサーバーを選ぶのが不安…」とお悩みの方は、エックスサーバーの一択でいいと思います。

 

断言できるほどおすすめの理由は、いつでもサポートしてくれる安心感と2003年から運営され続けている長い実績があるため、情報が豊富で本やネットで簡単に調べることができます。

 

サーバーの処理速度は十分速いですし、スペックも高く安定してWordPressを快適に使えます。

 

「レンタルサーバー選びに失敗したくない」とういう方に、一番おすすめのレンタルサーバーです!

 

「モリサワWebフォント」33書体を無料で使えます。

 

他にも独自ドメイン無料・初期費用半額など、さまざまなキャンペーンを開催。

 

[button size=” style=’white’ text=’エックスサーバーの詳細はこちら’ icon=’fa-angle-double-right’ icon_color=” link=’https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35UHYD+3WIBJM+CO4+609HU’ target=’_self’ color=” hover_color=” border_color=” hover_border_color=” background_color=” hover_background_color=” font_style=” font_weight=” text_align=” margin=”]

 

表示速度重視・最新の環境がお好みならConoHa WING

 

レンタルサーバー ConoHa コノハ

 

「表示速度が重要、最新の性能・サービスのレンタルサーバーを使いたい」とお考えの方には、ConoHa WINGがおすすめ。

 

2013年から運営がはじまった比較的新しいレンタルサーバーサービスです。

 

Webサイトの表示速度が速く、最新の性能・サービス面を重要視する方にConoHa WINGがおすすめです。

 

「モリサワWebフォント」33書体を無料で使えます。

 

WINGパック契約でドメイン1つ無料・下記WordPressテーマが割引に。

[unordered_list style=’circle’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • THE SONIC / 8,580円→6,578 円 (年額) 

[/unordered_list]

 

[button size=” style=’white’ text=’ConoHa WINGの詳細はこちら’ icon=’fa-angle-double-right’ icon_color=” link=’https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BDW15+3UQ0QA+50+5SI7RM’ target=’_self’ color=” hover_color=” border_color=” hover_border_color=” background_color=” hover_background_color=” font_style=” font_weight=” text_align=” margin=”]

 

コストパフォーマンス重視ならロリポップ!

 

レンタルサーバー ロリポップ LOLIPOP

 

「機能や速さよりもコスパを重視したい!」という方は、ロリポップ!がおすすめです。

 

管理画面がわかりやすくシンプルな作りになっていますので、初心者さんも簡単に使えます。

 

小規模なWebサイト(5万PV以下)の運営をお考えの方や、コスパ重視の方にロリポップ!がおすすめ。

 

[button size=” style=’white’ text=’ロリポップ!の詳細はこちら’ icon=’fa-angle-double-right’ icon_color=” link=’https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35UHYH+FJ21TE+348+65MEA’ target=’_self’ color=” hover_color=” border_color=” hover_border_color=” background_color=” hover_background_color=” font_style=” font_weight=” text_align=” margin=”]

 

サーバー選びに悩んだらエックスサーバーを使おう!

 

エックスサーバー xserver

 

初心者さんは、わからないことだらけでレンタルサーバーを選ぶだけでも一苦労だと思います。

 

私は「せっかくブログをはじめるならレンタルサーバーは後悔しないものを使いたい」と悩んだ結果、障害が少なく安定しているエックスサーバーを選びました。

 

自分で選ぶのが不安な方や、悩みすぎて選べなくなってしまった方はエックスサーバー一択でいいと思います。

 

ブログを続けていくと自分に必要なことがわかってくるので、ブログになれる1年間くらいは安定を重視で。

 


 

以上【WordPressに最適のレンタルサーバー】初心者におすすめのサーバーでした。

 

お読みいただき、ありがとうございました。