【THE THOR共通ボタンのカスタマイズ】初心者向けに画像付きで解説

thethor 共通ボタン
Chiharu
Chiharu
今回は、THE THOR(ザ・トール)共通ボタンのカスタマイズについてお伝えします。

 

THE THOR共通ボタン以外のカスタマイズ方法は、こちらにまとめてありますので参考になさってください。

関連記事

初心者さん・THE THORのTOPページをカスタマイズをしたいけど、ここの名前ってなに?・THE THORのTOPページは、なにからカスタマイズすればいい? Chi[…]

トップページカスタマイズ

 

THE THOR共通ボタン以外の色のカスタマイズ方法は、こちらにまとめてありますので参考になさってください。

関連記事

Chiharu今回は、THE THOR(ザ・トール)色のカスタマイズについて、お伝えします。 ブログ配色の決め方 ブログを作成するときに使う色は3色にしぼる。この3色にしぼることがポイ[…]

the thor 色設定

 

THE THORの共通ボタンについて

 

THE THORの共通ボタンとは、全ページ共通で使えるボタンのことです。種類は、プライマリボタン・セカンダリボタン・ノーマルボタンの3つ。

 

プライマリボタンとセカンダリボタンは、ボタン色・文字色それぞれ色の指定ができます。ノーマルボタンは、色の指定ができます。

 

ボタン色・文字色
それぞれの色の指定ができる

 

色の指定ができる

 

THE THORの共通ボタンが反映されるところ

 

THE THOR共通ボタンが反映されるところは下記の9つ。画像を作成したので、位置と見え方を参考になさってください。青 色のボタンです。

 

・TOPページ サブメニュー(DOWNLOAD)
・TOPページ メインビジュアル
・TOPページ 記事一覧「続きを読む」
・TOPページ カスタム投稿タイプ「お知らせ一覧へ」
・フッターCTA
・メニューパネル サブメニュー(DOWNLOAD)
・お問い合わせページ 「送信する」
・投稿 「投稿一覧へ」
・カスタム投稿タイプ詳細ページ 「前のページへ戻る」

 

thethor 共通ボタンTOPページ メインビジュアル
thethor 共通ボタンフッターCTA
thethor 共通ボタンお問い合わせページ 「送信する」
thethor 共通ボタンカスタム投稿タイプ詳細ページ 「前のページへ戻る」
thethor 共通ボタンカスタム投稿タイプ詳細ページ 「前のページへ戻る」

 

thethor 共通ボタン投稿 「投稿一覧へ」

 

thethor 共通ボタンTOPページ サブメニュー(DOWNLOAD)
thethor 共通ボタンTOPページ 記事一覧「続きを読む」
thethor 共通ボタンTOPページ カスタム投稿タイプ「お知らせ一覧へ」
thethor 共通ボタンメニューパネル サブメニュー(DOWNLOAD)

 

THE THOR共通ボタンのカスタマイズ方法

 

カスタマイザーへ
  1. WordPressのダッシュボード
  2. 外観
  3. カスタマイズ
カスタマイザー パーツスタイル設定
カスタマイザー 共通ボタン
カスタマイザー 共通ボタン

パーツスタイル設定>共通ボタン設定>プライマリー・セカンダリー・ノーマルボタンの設定

カラーパネル

色の指定をしてカスタマイザー公開 をクリック

色の指定は「色を選択」をクリックしてカラーパネルが表示されたら、白い丸や白い四角をクリックしながら動かして色を選択、または、カラーコードを直接入力する

 

THE THOR共通ボタンもカスタマイズできます

 

THE THORの共通ボタンは、全ページで共通してカスタマイズが反映されますが、ページごとにCSSで色をカスタマイズすることもできるので、気になる方はお問い合わせください。

 

thethor 共通ボタンTOPページ メインビジュアル
thethor 共通ボタンフッターCTA
thethor 共通ボタンお問い合わせページ 「送信する」

 

 

THE THORサポート

当ブログでは、THE THORを購入したけれど「使い方がわからない…」という方のためにカスタマイズサポート・カスタマイズ代行をお受けしています。

これからブログをはじめる方のお悩み相談や、WordPressの相談・設定代行もお気軽にお問い合わせください。

 


 

おつかれさまでした。

 

以上、【THE THOR共通ボタンのカスタマイズ】初心者向けに画像付きで解説でした。

 

わからないことや、ご相談は、お気軽にお声がけくださいね。

 

お問い合わせはこちら

 

お読みいただき、ありがとうございました。

Chiharu