【THE THORサイトマップ作成】HTML・XMLサイトマップを作成する

サイトマップ
Chiharu
Chiharu
今回は、THE THORのHTMLサイトマップとXMLサイトマップの作成方法についてお伝えします。

 

サイトマップについて

 

サイトマップは、HTMLサイトマップ・XMLサイトマップの2種類。それぞれがどんな目的で使われるサイトマップなのか下記を参考になさってください。

 

HTMLサイトマップ:読者さん用のもくじ。読者さんに向けて、わかりやすく情報を伝えるためのもの。

XMLサイトマップ:検索エンジン用のもくじ。検索エンジンに向けて、インデックス(登録)してもらうためのもの。

 

目的が異なるので両方のサイトマップを作成します。

 

検索エンジンには、クローラーと呼ばれるプログラムがあります。クローラーは、インターネット上を巡回して、あらゆるWebサイトの情報を入手し自動的に検索のデータベースを作成しています。

 

ブログを作成して間もない時期はブログの存在を誰にも知られていない状態なので、検索エンジン(ヤフーやグーグル)で検索をしても結果に表示されません。検索結果に表示されるためには、クローラーにブログの存在をインデックスさせる必要があります。

 

ですが、クローラーの巡回がいつになるかわからないのでインデックスしてもらうためにXMLサイトマップを送信して、こちらからクローラーに巡回してもらうよう促します。

 

サイトマップ

 

では、HTMLサイトマップ・ XMLサイトマップ、それぞれの設定についてお伝えしますね。

 

THE THORのHTMLサイトマップについて

 

the thor サイトマップ

 

THE THORで使ってHTMLサイトマップを作成する流れはこちら。

 

  • STEP1
    固定ページの設定
    the thor サイトマップ
  • STEP2
    投稿ページの設定
    the thor サイトマップ
  • STEP3
    カスタム投稿タイプページの設定
    the thor サイトマップ
  • STEP4
    サイトマップページを作成
    the thor サイトマップ
  • STEP5
    サイトマップをメニューに追加
    the thorマスク

 

THE THORサポート

当ブログでは、THE THORを購入したけれど「使い方がわからない…」という方のためにカスタマイズサポート・カスタマイズ代行をお受けしています。

これからブログをはじめる方のお悩み相談や、WordPressの相談・設定代行もお気軽にお問い合わせください。

 

【STEP1】固定ページの設定

 

まずは、THE THOR固定ページ部分の設定についてお伝えします。

 

the thor サイトマップ

 

カスタマイザーへ
  1. WordPressのダッシュボード
  2. 外観
  3. カスタマイズ
カスタマイザー 基本設定
カスタマイザー サイトマップ
カスタマイザー サイトマップ

基本設定>自動生成サイトマップ>固定ページ設定

除外ページIDを入力:サイトマップで非表示にしたいページのIDを入力

出力する階層を選択:1〜5の見出しをどこまで表示するのか数字で指定

見出しを入力:サイトマップで表示する見出しを入力

最後に公開をクリック

 

固定ページID
固定ページのIDは、ダッシュボード>固定ページ>固定ページ一覧から調べることができます。

 

【STEP2】投稿ページの設定

 

つぎは、THE THOR投稿ページ部分の設定についてお伝えします。

 

the thor サイトマップ

 

カスタマイザーへ
  1. WordPressのダッシュボード
  2. 外観
  3. カスタマイズ
カスタマイザー 基本設定
カスタマイザー サイトマップ
カスタマイザー サイトマップ

基本設定>自動生成サイトマップ>投稿ページ設定

カテゴリーと投稿の表示方法を選択:カテゴリー・投稿をまとめて表示するのか、別々に表示するのかの選択

除外投稿 IDを入力:サイトマップで非表示にしたい投稿ページIDを入力

除外カテゴリーIDを入力:サイトマップで非表示にしたいカテゴリーIDを入力

見出しを入力:サイトマップで表示する見出しを入力

最後に公開をクリック

 

投稿ID
投稿記事のIDは、ダッシュボード>投稿>投稿一覧から調べることができます。

 

カテゴリーID
投稿カテゴリIDは、ダッシュボード>投稿>カテゴリーから調べることができます。

 

【STEP3】カスタム投稿お知らせページの設定

 

つぎは、THE THORカスタム投稿タイプ部分の設定についてお伝えします。

 

the thor カスタム投稿
カスタム投稿タイプとは、TOPページに表示される「お知らせ」のことです。

 

the thor サイトマップ

 

カスタマイザーへ
  1. WordPressのダッシュボード
  2. 外観
  3. カスタマイズ
カスタマイザー 基本設定
カスタマイザー サイトマップ
カスタマイザー サイトマップ

基本設定>自動生成サイトマップ>カスタム投稿お知らせページ設定

カテゴリーと投稿の表示方法を選択:カテゴリー・投稿をまとめて表示するのか、別々に表示するのかの選択

除外投稿 IDを入力:サイトマップで非表示にしたい投稿ページIDを入力

除外カテゴリーIDを入力:サイトマップで非表示にしたいカテゴリーIDを入力

カスタム投稿お知らせページは流動的な機能のため、サイトマップに向いていないので非表示にして公開 でOKです。

 

【STEP4】HTMLサイトマップページを作成

 

HTMLサイトマップの項目ごとの設定が終わったら、サイトマップページを作成します。THE THORは簡単にサイトマップページを作成することができます。

 

the thor サイトマップ

 

固定ページ新規追加
  1. ダッシュボード
  2. 固定ページ
  3. 新規追加
ダッシュボード サイトマップ
  1. タイトルに「サイトマップ」と入力
  2. パーマリンクに「sitemap」 して「OK」をクリック
  3. 「サイトマップTPL」を選択
  4. 公開 をクリック

 

【STEP5】HTMLサイトマップをメニューに追加

 

HTMLサイトマップページの作成ができたら、忘れずにメニューに追加しましょう。

 

メニュー
  1. ダッシュボード
  2. 外観
  3. メニュー
ダッシュボード サイトマップ
  1. サイトマップにクリック
  2. 「メニューに追加」をクリック
  3. 「サイトマップ」をクリックしたまま、表示させたい位置に移動
  4. メニューを保存 をクリック

 

XMLサイトマップについて

 

XMLサイトマップを送信するには、プラグインの「Google XML Sitemaps」を使います。さっそくはじめていきましょう。

 

  • STEP1
    プラグインの追加(WordPress)
    WordPressにプラグインのGoogle XML Sitemapsを追加します。
  • STEP2
    プラグインの設定(WordPress)
    プラグインのGoogle XML Sitemapsの設定をします。
  • STEP3
    サーチコンソールでサイトマップを送信
    プラグインのGoogle XML Sitemapsを使ってサーチコンソールにXMLサイトマップを送信します。

 

【STEP1】プラグインの追加

 

まずは、WordPressでプラグインの「Google XML Sitemaps」を追加します。

 

プラグイン
  1. ダッシュボード
  2. プラグイン
  3. 新規追加

 

XMLプラグイン

  1. 「Google XML Sitemaps」と入力
  2. Google XML Sitemapsが表示されたら「今すぐインストール」をクリック
  3. インストールが終わると「有効化」のボタンが表示されるのでクリック

以上でプラグインが有効化(使える)されましたので、続いて設定をしていきましょう。

 

 【STEP2】Google XML Sitemapsの設定

 

Google XML Sitemapsが有効化されると詳細設定ができるようになるので、設定をしていきます。

 

Google XML Sitemaps
  1. ダッシュボード
  2. 設定
  3. XML-Sitemap

 

設定画面が表示されたら、以下の画像と同じようにチェック・選択をして、最後に設定を更新 をクリックをすれば完了となります。

 

XMLプラグイン基本的な設定
・Webサイト更新時にGoogleに知らせるにチェック
・Webサイト更新時にBingに知らせるにチェック
・サイトマップに位置をクローラーに知らせるにチェック
・高度の設定はデフォルトのままにする

 

XMLプラグインAdditional Pagesは、なにもしなくてOKです。

 

XMLプラグイン投稿の優先順位
優先順位を自動的に計算しないを選択

 

XMLプラグインSitemapコンテンツ:サイトマップコンテンツに載せるページを選択してチェック
・ホームページにチェック
・投稿(個別記事)を含めるにチェック
・カテゴリーページを含めるにチェック
・最終更新時刻を含めるにチェック

 

XMLプラグインExcluded Items:サイトマップで除外したい項目にチェック
「未分類」以外の読者さんに検索されなさそうな記事にもチェックを入れてください。

 

XMLプラグインChange Frequencies:更新頻度の設定は人によって内容が変わりますが、私のおすすめの設定をお伝えします。
毎日:ホームページ
毎週:投稿(個別記事)
更新なし:固定ページ
毎週:カテゴリー別
更新なし:今月のアーカイブ
毎年:古いアーカイブ
毎週:タグページ
更新なし:投稿者ページ

カテゴリーの更新頻度と優先順位の設定内容が反映されないことがあるので、タグの登録をしていない場合もタグページは毎週に設定するようにしてください。

 

XMLプラグイン優先順位の設定:1.0(非常に重要)から 0.1(ほとんど重要ではない)まで選択ができます。こちらもおすすめの設定をお伝えします。
1.0:ホームページ
1.0:投稿(個別記事)
1.0:投稿優先度の最小値
0.0:固定ページ
1.0:カテゴリー別
0.3:アーカイブ別
1.0:タグページ
0.0:投稿者ページ

カテゴリーの更新頻度と優先順位の設定内容が反映されないことがあるので、タグの登録をしていない場合でも、タグページは1.0に設定してください。

 

最後に設定を更新 をクリックしてGoogle XML Sitemapsの詳細設定は完了です。続いて、グーグルサーチコンソールにXMLサイトマップを送信しましょう。

 

【STEP3】グーグルサーチコンソールにXMLサイトマップを送信

 

グーグルサーチコンソールにアクセスします。下記のボタンをクリックしてください。

 

グーグルサーチコンソール

  1. 「サイトマップ」をクリック
  2. ブログのURLに続けて「/sitemap.xml」と入力
    (例:ブログのURLが〇〇〇.comなら、〇〇〇.com/sitemap.xml)
  3. 「送信する」ボタンをクリックで完了

 

以上でXMLサイトマップの送信は完了です。

 


 

おつかれさまでした。

 

以上、【THE THORサイトマップ作成】HTML・XMLサイトマップを作成するでした。

 

今回お伝えしたサイトマップは自分でできるSEO対策のひとつなので、ぜひ設定してみてくださいね。

 

わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

Chiharu