【WordPressインストール】エックスサーバーを使ったインストール手順と初期設定 - ChiharuDesign.com
エックスサーバーを使ったWordPressのインストール手順とWordPressの初期設定についてお伝えします。初心者さんも迷わずすすめられるように画像を使ってわかりやすく解説しています。
826
post-template-default,single,single-post,postid-826,single-format-standard,wp-custom-logo,bridge-core-2.8.5,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,hide_top_bar_on_mobile_header,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive
WordPress インストール 初期設定

【WordPressインストール】エックスサーバーを使ったインストール手順と初期設定

WordPressを使うには、イントール(使えるようにすること)が必要です。

 

今回は、エックスサーバーを使ったWordPressのインストール手順とWordPressの初期設定についてお伝えします。

 

WordPressの初期設定は、なるべく早めにすませることをおすすめします。理由は下記の3つ。

  • 検索結果で上位に表示させるため(SEO対策)
  • 安全に使うため(セキュリティ対策)
  • 性能を生かして快適に使うため

 

作業は簡単なので、初心者さんも手順通りにすすめれば30分ほどで終わります。

 

WORDPRESSインストールの手順

 

では、エックスサーバーを使ってWordPressをインストールしましょう。

 

ロリポップ!・ConoHa WINGをお使いの方は、下記ページを参考になさってください。

 

ロリポップでWordPressをインストールする

ConoHa WINGでWordPressをインストールする

 

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスします。

 

エックスサーバー サーバーパネルログインページが開いたら、IDとパスワードを入力します。

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン
IDとパスワードは、エックスサーバーからのメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」に記載されています。

 

サーバーID:XserverアカウントID

サーバーパネルパスワード:Xsrverアカウントパスワード

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストールサーバーパネルにログインできたら、左下にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストールドメイン選択画面になったら、WordPressをインストールをしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール「WordPressインストール」をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

  • サイトURL:なにもしなくてOK
  • ブログ名:ブログタイトルを入力(後から簡単に変更できます。)
  • ユーザー名:WordPressにログインするときに使うユーザー名を入力
  • パスワード:WordPressにログインする時に使うパスワードを入力
  • メールアドレス:ご自身の使っているメールアドレスを入力
  • キャッシュ自動削除:「ONにする」を選択
  • データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択

 

入力後、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール入力内容を確認して正しければ、「インストールする」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール自動インストールが終わると、WordPressにログインするための重要な情報が表示されるのでスクショやメモなどして大切に保管してください。同じ内容がメールにも届きます。

 

WordPress管理URLをクリックすると下記の画像に切り替わるので、ユーザー名またはメールアドレス・パスワードを入力してWordPressにログインしてください。

 

WordPress ログイン画面

  • 「管理画面URL」をクリック
  • ユーザー名またはメールアドレスを入力
  • パスワードを入力
  • 「ログイン」 をクリック

 

管理画面URLをクリックしたときに「無効なURLです。」と表示されたら、反映に時間がかかっているので1〜3時間待ってから再度アクセスしてください。

 

管理画面URLは、ブックマークを。これから同じ管理画面に何度もアクセスすることになるので、ブックマークすると便利ですよ。

 

ダッシュボード これが「ダッシュボード」、WordPressのはじめの画面。ここまでがWordPressのインストールです。

 

続いて、WordPressの初期設定について。

 

WordPressの初期設定について

 

初期設定は、WordPressを便利で機能的に使うために必要な設定です。

 

  • 検索結果で上位に表示させるため(SEO対策)
  • 安全に使うため(セキュリティ対策)
  • 性能を生かして快適に使うため

 

もちろん、あとから設定することもできますが、設定内容が記事に反映されるため、はじめに終わらせておくと安心して記事作成に集中できます。

 

では、さっそくはじめましょう。

 

WordPress初期設定の内容

 

まずは、WordPress初期設定の8つ。順番に手順をお伝えしていきますね。

 

  • サイトのタイトルの設定
  • サイトアドレスの設定
  • メールアドレスの設定
  • タイムゾーンの設定
  • ホームページの設定
  • アバターの設定
  • パーマリンクの設定
  • あなたのプロフィール設定

 

手順は、ダッシュボードからはじめるので、WordPressにログインしてダッシュボードを開いてください。

 

ダッシュボード 左側がメニュー(黒い部分)。それぞれのメニューにカーソルを合わせると、サブメニューが表示されます。

 

では、すすめていきましょう。

 

【初期設定1】サイトのタイトル

 

WordPressの「サイトのタイトル」は、ブログに使う名前です。

 

当ブログは、「Chiharu Design」にしました。なるべく短く、覚えやすく、わかりやすい名前に。

 

具体的には、誰がやっているブログか、なにについてのブログかがわかるように、自分の名前やブログのテーマなどを使うといいですよ。

 

ちなみに名前は、本名ではなくニックネームもOKです。

 

ダッシュボード 一般ダッシュボード設定一般

 

サイトタイトル 設定 一般サイトタイトルにブログ・ホームページに使う名前を入力、「変更を保存」 をクリック

 

【初期設定2】サイトアドレス

 

WordPressの「サイトアドレス」は、ブログのアドレスです。

 

WordPressをインストールしたときに登録した独自ドメイン名が表示されているか確認をしてください。

 

当ブログの独自ドメインは「chiharudesign.com」なので、「https://chiharudesign.com」と表示されればOKです。

 

独自SSL設定をすると「 s 」が抜けていることがありますので、表示されていなかったら「 s 」を加えて入力をしてください。

 

独自SSL設定は、こちらを参考に。

 

ダッシュボード 一般ダッシュボード設定一般

 

サイトアドレス 設定 一般サイトアドレスに独自ドメインが表示されているか確認、間違っていたら訂正、合っていたら「変更を保存」 をクリック

 

【初期設定3】メールアドレス

 

WordPressの「メールアドレス」は、ブログへの問い合わせなどの運営者に連絡をしなければならないときの宛先です。

 

何かあったとき、すぐに対応ができるよう、いつも使っているメールアドレスを登録するようにしてください。

 

ダッシュボード 一般ダッシュボード設定一般

 

メールアドレス 設定 一般
メールアドレスを入力、「変更を保存」 をクリック

 

【初期設定4】タイムゾーン

 

WordPressの「タイムゾーン」は、ブログの公開日時・更新日時に使うための設定です。

 

WordPressのインストールを海外でおこなわない限り日本のタイムゾーンになりますが、念のため確認をしてください。

 

ダッシュボード 一般ダッシュボード設定一般

 

タイムゾーン 設定 一般タイムゾーンを確認、「変更を保存」 をクリック

 

【初期設定5】ホームページの表示

 

WordPressの「ホームページの表示」は、Topに表示するページを指定できます。

 

WordPressで使うテーマによって異なりますが、主に企業などのコーポレートサイトの場合は固定ページを選択して、ブログの場合は、投稿ページを選択します。

 

最新の投稿:ブログなど更新の多い動きのあるページ

固定ページ:情報の公開や紹介などの動きの少ないページ

 

表示設定 一般 ダッシュボードダッシュボード設定表示設定

 

表示設定 ダッシュボード最新の投稿をクリック、「変更を保存」をクリック

 

【初期設定6】アバター

 

WordPressの「アバター」は、自分の分身となるキャラクターを画像を使って表示できます。

 

wordpress コメントアバターを表示できるのは、ブログ記事のコメント欄やプロフィールなど。

 

ディスカッション 設定 ダッシュボードダッシュボード設定ディスカッション

 

ディスカッション 設定 ダッシュボード

  • 「アバターを表示する」をクリック
  • G-あらゆる人に適切を選択
  • 好きなものを選んで選択(おすすめはGravatar)
  • 「変更を保存」 をクリック

 

Gravatar ロゴは、自分の好きな画像を自由に選べて、アバター用の画像として自動でプロフィールなど表示されるようになります。

 

Gravatarの設定方法も紹介していますので、よかったら参考にしてください。

 

【初期設定7】パーマリンク

 

WordPressの「パーマリンク」は、ブログのそれぞれのページに対して付けられるURLの末尾のことです。

 

パーマリンク

 

パーマリンクの設定は、表示形式を選択できます。

 

「投稿名」を選択して、記事内容に合わせた短くわかりやすいパーマリンクにすることをおすすめします。

 

管理しやすくSEO対策にもなりますよ。

 

パーマリンク 設定 ダッシュボードダッシュボード設定パーマリンク設定

 

パーマリンク 設定 ダッシュボード投稿名を選択して「変更を保存」  をクリック

 

【初期設定8】プロフィール

 

WordPressの「プロフィール」は、ブログに表示する名前・画像を設定できます。

 

あなたのプロフィール 設定 ダッシュボードダッシュボードユーザープロフィール

 

プロフィール ユーザー ダッシュボード

ニックネーム:WordPress内で表示する自分の名前 (デフォルトはWordPressインストール時の名前が反映)

ブログ上の表示名:ブログで表示する名前

メール:問い合わせがあったときなどの連絡先

プロフィール写真:ブログ内のプロフィール画像やコメント欄に表示する画像(変更はGravatarで)

最後に、「プロフィールを更新」 をクリック

 

プロフィール ユーザー ダッシュボード

ブログ上の名前を変更するには、ニックネームに表示させたい名前を入力するとブログ上の表示名から選択できるようになります。

 


 

以上、【WordPressインストール】エックスサーバーを使ったインストール手順と初期設定でした。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

No Comments

Post A Comment