【プラグインGoogle XML Sitemaps】XMLサイトマップでSEO対策 - ChiharuDesign.com
11871
post-template-default,single,single-post,postid-11871,single-format-standard,wp-custom-logo,bridge-core-2.8.5,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,hide_top_bar_on_mobile_header,qode-content-sidebar-responsive,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-28.1,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.6.0,vc_responsive
グーグルサーチコンソール グーグルアナリティクス 連携 関連付け

【プラグインGoogle XML Sitemaps】XMLサイトマップでSEO対策

 

サイトマップは、ブログ全体の「もくじ」。

 

読者さんの利便性を高めるため、SEO対策のためにブログもサイトマップが必要です。

 

今回は、SEO対策で必要なXMLサイトマップについてお伝えします。

 

サイトマップについて

 

サイトマップは、HTMLサイトマップ・XMLサイトマップの2種類。それぞれの目的はこちら。

 

HTMLサイトマップ:読者さん用のもくじ。読者さんに向けて、わかりやすく情報を伝えるためのサイトマップ。

XMLサイトマップ:検索エンジン用のもくじ。検索エンジンに向けて、インデックス(登録)するためのサイトマップ。

 

検索エンジンには、クローラーと呼ばれるプログラムがあります。

 

クローラーはインターネット上を巡回して、あらゆるWebサイトの情報を入手し自動的に検索のデータベースを作成しています。

 

ブログをやりはじめたころは、ブログの存在を誰にも知られていない状態のため、検索エンジン(ヤフーやグーグル)で検索をしても結果に表示されません。

 

検索結果で表示されるには、クローラーにブログの存在をインデックス(登録)させる必要があります。

 

ですが、クローラーの巡回はいつになるかわからないので、インデックスするためにXMLサイトマップを送信して、こちらからクローラーに巡回してもらうよう促します。

 

クローラー

 

つまり、XMLサイトマップを検索エンジンに送信することでブログの存在を認知させるということ。

 

これがSEO対策のはじめの一歩。

 

では、XMLサイトマップの設定から送信までの手順をお伝えします。

 

今回は、プラグインの「Google XML Sitemaps」を使った手順になります。

 

サイトマップ自動作成機能などが備えてあるWordPressテーマもあるので、テーマの機能を確認してからすすめてください。

 

さっそくはじめていきましょう。

 

サイトマップの作成手順

 

  • プラグイン「Google XML Sitemaps」の追加
  • プラグイン「Google XML Sitemaps」の設定
  • サーチコンソールでXMLサイトマップを送信

 

【手順1】「Google XML Sitemaps」の追加

 

まずは、WordPressでプラグイン「Google XML Sitemaps」を追加します。

 

新規 プラグイン ダッシュボード

ダッシュボード>プラグイン>新規追加

 

  1. 検索バーに「Google XML Sitemaps」と入力
  2. Google XML Sitemapsの「今すぐインストール」をクリック
  3. 「有効化」に切り替わったらクリック

 

これでプラグインを有効化(使える)できたので、「Google XML Sitemaps」の設定をしていきましょう。

 

 【手順2】「Google XML Sitemaps」の設定

 

「Google XML Sitemaps」が有効化されると詳細設定ができるようになります。

 

Google XML Sitemaps プラグイン

ダッシュボード>設定>XML-Sitemap

 

設定は下記の画像と同じようにチェック・選択するだけなのでとっても簡単。

 

最後に「設定を更新」をクリックで完了です。

 

Google XML Sitemaps プラグイン

基本的な設定

  1. Webサイト更新時にGoogleに知らせるにチェック
  2. Webサイト更新時にBingに知らせるにチェック
  3. サイトマップに位置をクローラーに知らせるにチェック
  4. 高度の設定はデフォルトのままにする

 

Google XML Sitemaps プラグイン
Additional Pages:なにもしなくてOK

 

Google XML Sitemaps プラグイン
投稿の優先順位:優先順位を自動的に計算しないを選択

 

Google XML Sitemaps プラグイン

Sitemapコンテンツ:サイトマップコンテンツに載せるページを選択してチェック

  1. ホームページにチェック
  2. 投稿(個別記事)を含めるにチェック
  3. カテゴリーページを含めるにチェック
  4. 最終更新時刻を含めるにチェック

 

Google XML Sitemaps プラグイン
Excluded Items:サイトマップで除外したい項目にチェック

「未分類」以外の読者さんに検索されなさそうな記事にもチェックを入れてください。

 

Google XML Sitemaps プラグイン
Change Frequencies:更新頻度によって内容は変わりますが、私のおすすめの設定をお伝えします。

  1. 毎日:ホームページ
  2. 毎週:投稿(個別記事)
  3. 更新なし:固定ページ
  4. 毎週:カテゴリー別
  5. 更新なし:今月のアーカイブ
  6. 毎年:古いアーカイブ
  7. 毎週:タグページ
  8. 更新なし:投稿者ページ

 

カテゴリーの更新頻度と優先順位の設定内容が反映されないことがあるので、タグの登録がなくてもタグページは毎週に設定するようにしてください。

 

Google XML Sitemaps プラグイン
優先順位の設定:1.0(非常に重要)から 0.1(ほとんど重要ではない)の中から選択。こちらもおすすめの設定をお伝えします。

 

  1. 1.0:ホームページ
  2. 1.0:投稿(個別記事)
  3. 1.0:投稿優先度の最小値
  4. 0.0:固定ページ
  5. 1.0:カテゴリー別
  6. 0.3:アーカイブ別
  7. 1.0:タグページ
  8. 0.0:投稿者ページ

 

カテゴリーの更新頻度と優先順位の設定内容が反映されないことがあるので、タグの登録がなくても、タグページは1.0に設定してください。

 

最後に「設定を更新」 をクリック、これでGoogle XML Sitemapsの設定は完了です。

 

【手順3】サーチコンソールでXMLサイトマップを送信

 

つぎにグーグルサーチコンソールでXMLサイトマップを送信します。

 

XMLサイトマップを送信するにはグーグルサーチコンソールのアカウントが必要です。

 

アカウントをお持ちでない方は、無料で簡単に作成できるので、こちらのページを参考にしてください。

 

では、グーグルサーチコンソールにアクセスします。下記のボタンをクリックしてください。

 

グーグルサーチコンソール サイトマップ

  1. 「サイトマップ」をクリック
  2. ブログのURLに続けて「/sitemap.xml」と入力(例:ブログURLが〇〇〇.comなら、〇〇〇.com/sitemap.xml)
  3. 「送信する」ボタンをクリックで完了

 

これでXMLサイトマップの送信は完了です。

 


 

以上【プラグインGoogle XML Sitemaps】XMLサイトマップでSEO対策でした。

 

お読みいただきありがとうございました。

No Comments

Post A Comment