【WordPress×エックスサーバー】ドメイン無料でブログをはじめる

もくじ

エックスサーバーはドメイン無料キャンペーンをしていることが多いので、ブログにかかる費用を抑えることができます。

 

ドメイン無料キャンペーンを使った設定手順も合わせてお伝えしますね。

 

エックスサーバーのキャンペーン

 

エックスサーバーは、お得なキャンペーンを不定期で開催しています。

 

キャンペーン内容は、

[unordered_list style=’circle’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • ドメインの無料プレゼント
  • 初期費用半額
  • 月額料金の割引 など

[/unordered_list]

 

その中でも多いのが「ドメインの無料プレゼント」です。

 

エックスサーバーを使っている間は、「.com」「.net」「.jp」など人気のあるドメインを無料で使えます。

 

ドメインの取得がまだなら、お得にブログをはじめるチャンスなので、エックスサーバーにアクセスしてキャンペーンの確認をしてみてくださいね。

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

私もエックスサーバーのプレゼントドメインを利用中ですが、他のドメインを使った設定と異なるため手順をお伝えします。

 

お伝えする内容は、エックスサーバーの申し込みからWordPressブログをはじめるまでの手順についてです。

 

[unordered_list style=’number’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • エックスサーバーに申し込む
  • エックスサーバーに料金を支払う
  • プレゼントドメインの申請
  • ドメインとサーバーをつなげる
  • 独自SSL設定
  • WordPressをインストール

[/unordered_list]

 

作業は簡単なので手順通りにすすめれば、初心者さんも簡単にできますので、安心してください。

 

では、さっそくはじめましょう。

 

【手順1】エックスサーバーに申し込む

 

まずは、エックスサーバーにアクセスして申し込みをします。

 

エックスサーバー 申し込み

アクセスできたら、画面中央の 「お申し込みはこちら」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み

次に、「10日間無料お試し 新規お申し込み」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み

「サーバーお申し込み」をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み プラン

サーバーIDの入力とプランの選択です。

 

サーバーID:サーバーの管理画面へログイン・サーバー本体のメールアドレスに使うIDのこと

 

サーバーIDを登録すると変更できなくなるので、なにもしないでOK。登録する場合は、他の人のIDと重複しないようにします。

 

エックスサーバー X10 料金表

 

プランは、最安のX10がおすすめ。ブログ運営に必要な機能は全てそろっているので、初心者さんも安心して利用できますよ。

 

契約更新時にプラン変更ができるので、ブログのアクセス数が増えてきたら調整するようにしてください。

 

続いて、登録情報を入力をします。

 

エックスサーバー 申し込み 情報登録

上から順番に必要事項を入力、画面下のチェックボックスにチェックをつけて、「お申し込み内容の確認へ進む」 をクリックします。

 

エックスサーバー 申し込み 情報登録 確認

入力内容を確認して、間違いがなければ 「SMS・電話認証へ進む」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み 認証

[unordered_list style=’number’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • 居住国(日本)を選択して、右側に電話番号を入力
  • 取得方法を選択(自動音声が確実です)
  • 「認証コードを取得する」をクリック

[/unordered_list]

 

エックスサーバー 申し込み 認証

5桁の認証コードを入力して、「認証して申し込みを完了する」 をクリックします。

 

テキストメッセージで取得の場合:メール(SMS)で5桁のコードを受信

自動音声通話で取得の場合:電話の自動音声で5桁のコードが流れます

 

コード取得できないときは、「認証コードを再取得する」をクリックすると再送されます。

 

エックスサーバー お申し込み完了

これで、サーバーの申し込みができました。

 

申し込みが完了すると「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」というメールが届くので必ず確認してください。

 

エックスサーバー お申し込み内容 確認 メール

このメールは、重要なので大切に保管してください。

 

エックスサーバー アカウント情報

[unordered_list style=’circle’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • XserverアカウントID
  • メールアドレス
  • Xserverアカウントパスワード
  • ログインURL

[/unordered_list]

 

【手順2】エックスサーバーに料金を支払う

 

申し込みが終わった直後は仮申し込み状態なので、すぐに初期費用+月額費用の支払いをします。

 

 キャンペーンドメインはエックスサーバーの料金支払いを完了しないと利用できない仕組みになっているため、必ずお支払いをすませるようにしてください。

 

無料期間中に料金を支払っても、無料期間終了後からの請求分を支払ったことになるので、安心してください。

 

では、お支払いをしましょう。

 

まずは、エックスサーバーのXserverアカウントにアクセスします。

 

エックスサーバー アカウント ログイン

 

エックスサーバー アカウント ログイン

エックスサーバーから届いたメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」に記載されているXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー アカウント 料金のお支払い

ログインできたら「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。

 

エックスサーバー アカウント 料金のお支払い

料金を支払うサーバーにチェックを入れて、更新期間を選択「お支払い方法を選択する」をクリックしてください。

 

更新期間は、ブログを作るためのモチベーションを維持するためにも1年がおすすめです。

 

クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・ペイジーから選択してお支払いください。

 

クレジットカード払いは、支払い完了の反映が早いためスムーズに手順を進めることができます。

 

これでサーバーの支払いができました。

 

【手順3】プレゼントドメインの申請

 

料金の支払いが完了すると、プレゼントドメインの申請ができるようになります。

 

プレゼントドメインは、エックスサーバーのXserverアカウントから申請するのでアクセスしてください。

 

エックスサーバー アカウント ログイン

 

エックスサーバー アカウント ログイン

エックスサーバーから届いたメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」に記載されているXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン

プレゼントドメインの申請は、左側「プレゼントドメイン」をクリックします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン

利用規約、個人情報に関する公表事項をお読みになり、「同意する」をクリックします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン申請

対象サーバーID:申し込んだサーバー名が表示されるので合っているか確認

独自ドメイン:ドメインに使う文字の入力と「.〇〇」部分の選択

適用方法:新規でドメインを取得する場合は「新規取得」他者から移す場合は「移管申請」を選択

 

独自ドメインは、「.com」「.net」「.jp」の中から選ぶと安心です。あまり見慣れないドメインを選んでしまうと「怪しいサイトかも?」と、警戒されることもあるので。

 

他の人が使っているドメイン名を入力すると「ドメイン検索」ボタンをクリックできないので、クリックできるようになるまでドメイン名を変えて入力してください。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン申請

入力内容を確認して間違いなければ「プレゼントドメインの申請」をクリックします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン申請

これでプレゼントドメインの申請は完了です。

 

【手順4】ドメインとサーバーをつなげる

 

つぎに、ドメインとサーバーをつなげます。

 

「ドメインとサーバーをつなげる?どういうこと?」と、わからなくても、つなげる手順が必要ということがわかればOKです。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスしてください。(サーバー料金のお支払いをしたページとは違うページ)

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

エックスサーバーから届いたメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」に記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー サーバーパネル ドメイン設定

サーバーパネルにログインできたら、「ドメイン設定」をクリックします。

 

「ドメイン設定の追加」をクリックします。

 

エックスサーバー ドメイン設定

[unordered_list style=’number’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • プレゼントで取得したドメイン名を入力
  • 「無料独自SSLを利用する」にチェックがなければチェック
  • 「高速化・アクセス拡張機能Xアクセラレータを有効にする」にチェックがなければチェック
  • 「確認画面へ進む」 をクリック

[/unordered_list]

 

ドメイン名が合っているか確認して、「追加する」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー ドメイン設定

これでドメインとサーバーがつながりました。

 

設定が反映されるまでに最大で2日かかるので、反映されるまでお待ちくださいね。

 

【手順5】WordPressのインストール

 

次は、サーバーにWordPressをインストールします。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

エックスサーバーから届いたメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」に記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

サーバーパネルにログインできたら、左下「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

ドメイン選択画面が表示されたら、WordPressをインストールをしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

「WordPressインストール」をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

[unordered_list style=’number’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • サイトURL:なにもしなくてOK
  • ブログ名:ブログタイトルを入力(後から簡単に変更できます。)
  • ユーザー名:WordPressログインに使うユーザー名を入力
  • パスワード:WordPressログインに使うパスワードを入力
  • メールアドレス:普段使っているメールアドレスを入力
  • キャッシュ自動削除:ONを選択
  • データベース自動でデータベースを生成するを選択

[/unordered_list]

 

入力が終わったら「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

入力内容を確認して「インストールする」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

自動インストールが終わるとWordPressにログインするための重要な情報が表示されますので、スクショやメモをして大切に保管してください。

 

WordPress ログイン画面

では、WordPressにログインしましょう。

 

[unordered_list style=’number’ number_type=’circle_number’ animate=’no’ font_weight=”]

  • 「管理画面URL」をクリック
  • ユーザー名またはメールアドレスを入力
  • パスワードを入力
  • 「ログイン」 をクリック

[/unordered_list]

 

管理画面URLをクリックしたときに「無効なURLです。」と表示されたら、反映に時間がかかっているので1〜3時間待ってから再度アクセスしてください。

 

管理画面URLは、ブックマークを。これから同じ管理画面に何度もアクセスすることになるので、ブックマークすると便利ですよ。

 

ダッシュボード これがWordPressの「ダッシュボード」、WordPressのスタート画面です。

 

これでWordPress(ワードプレス)のインストールは完了です。

 

【手順6】独自SSLの設定

 

つぎは、独自SSLの設定です。

 

独自SSLとは、Web上のデータを暗号化することで、データの盗聴や改ざんを防ぐことができる技術のことです。

 

独自SSL設定をしているWebサイトのURLには、「https」と、「 s 」が付け加えられて表示されます。

 

「安心なブログ」ということをお伝えするために、とても大切な設定ですので必ず設定するようにしてください。

 

独自SSLはエックスサーバーで設定するので、サーバーパネルにアクセスします。

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

エックスサーバーから届いたメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」に記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

SSL設定をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

独自SSL設定するドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

「独自SSL設定追加」をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル SSL設定

設定対象ドメインに独自SSL化するドメインが表示されているか確認をして、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

 

これで独自SSL設定は完了です。

 

httpsのリダイレクト設定

 

独自SSL設定をすると、URLを直接入力してブログを開こうとしても「  s  」が抜けているとブログは表示されません。

 

そのため、URLに「  s  」が抜けているときは「  s  」のついているURLに自動で転送します。この仕組みがリダイレクト設定です。

 

つまり、httpsのリダイレクト設定は、URLの「 s 」の有無に関係なくブログを表示させるための設定ということです。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスして設定をしていきます。

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

 

エックスサーバーから届いたメール「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」に記載されているXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

ログインできたら「.htaccess編集」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

リダイレクト設定をするドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

「.htaccess編集」をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

上記のコードをコピーして貼り付け「確認画面へ進む」 をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

「実行する」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

これでhttpsのリダイレクト設定ができました。

 

WordPressのhttps設定

 

続いてWordPressにも独自SSL設定の内容を反映させます。

 

WordPress ログイン画面

管理URLからユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力してWordPressにログインします。

 

ダッシュボード 一般

ダッシュボードにアクセスできたら、設定にカーソルを合わせて一般をクリックします。

 

ダッシュボード>設定>一般

 

WordPress サイトアドレス WordPressアドレス

WordPressアドレスとサイトアドレスのURLに「 s 」を入力して付け加えます。

 

ちなみに「  s」は、小文字の「  s」です。

 

「  s」を付け加えたら、「変更を保存」 をクリックできたら設定完了です。

 

お疲れさまでした。

 

これでWordPressが使えるようになりました。

 


 

以上【WordPress×エックスサーバー】ドメイン無料でブログをはじめるでした。

 

お読みいただきありがとうございました。