【WordPressをエックスサーバーで】初心者ならドメイン無料ではじめよう

エックスサーバー

【WordPressをエックスサーバーで】初心者ならドメイン無料ではじめよう

・初期費用はなるべく抑えたいなあ…

・エックスサーバーのキャンペーンを使ってみたい。

エックスサーバーはキャンペーンをしていることが多いので、
ブログをお得にはじめることができますよ。キャンペーンを使った設定方法も合わせてお伝えしますね。

エックスサーバーのキャンペーン

 

エックスサーバーは、お得なキャンペーンを不定期で開催しています。

 

キャンペーン内容は、

・ドメインの無料プレゼント

・初期費用半額

・月額料金の割引 など

 

その中でも多いのが「ドメインの無料プレゼント」です。エックスサーバーを使っている間は、ドメイン代がずっと無料で使えます。「.com」「.net」「.jp」など人気のあるドメインも無料で使えます。

 

ドメインの取得がまだなら、お得にブログをはじめるチャンスなのでキャンペーンの確認をしてみてくださいね。

 

>>エックスサーバーにアクセス

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

私もエックスサーバーのプレゼントドメインを使っているのですが、他のドメインの設定方法とは違うので、今回お伝えしようと思います。

お伝えする内容は、「エックスサーバーの申し込みからWordPressブログをはじめるまでの手順」です。

 

 エックスサーバーの申し込みからWordPressブログをはじめるまでの手順

 

 

ステップ1.エックスサーバーに申し込みをする

ステップ2.エックスサーバーに料金の支払いをする

ステップ3.プレゼントドメインの申請をする

ステップ4.ドメインとサーバーをつなげる

ステップ5.独自SSL設定をする

ステップ6.WordPressをインストールする

 

 

作業は簡単なものばかりで手順通りに進めれば誰にでも簡単にできますので、安心してくださいね。さっそくはじめましょう。

 

【ステップ1】エックスサーバーに申し込む

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

まずは、申し込みをしますので、エックスサーバーにアクセスします。

 

>>「エックスサーバー」にアクセス

クリックして公式サイトを開きながらすすめてください。

 

エックスサーバー 申し込み

 

アクセスできましたら、画面中央の 「お申し込みはこちら」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み

 

次に、「10日間無料お試し 新規お申し込み」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み

 

「サーバーお申し込み」をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み プラン

 

まずは、サーバーIDの入力とプランの選択です。

 

・サーバーIDは、サーバーの管理画面へログイン・サーバー本体のメールアドレスに使うIDのこと。

・他の人のIDと重複しないように自分で決めることもできますが、そのままでもOKです。

一度サーバーIDの登録をすると変更できません。

 

X10プランはエックスサーバーの中でも最安プランですが、ブログ運営に必要な機能は全てそろっていますので、初心者の方にはオススメです!

エックスサーバー X10 料金表

契約更新の時にプラン変更ができますので、ブログのアクセス数によって調整するようにしてください。

 

次に、登録情報を入力をしていきます。

 

エックスサーバー 申し込み 情報登録

 

上から順番に必要事項を入力して、画面下のチェックボックスにチェックをつけてから、「お申し込み内容の確認へ進む」 をクリックします。

 

エックスサーバー 申し込み 情報登録 確認

 

個人情報の入力欄に誤りがないか再度チェックをし、間違いがなければ 「SMS・電話認証へ進む」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー 申し込み 認証

 

1.居住国(日本)を選択して、右側に電話番号を入力してください。

2.自動音声の方が確実ですが、お好きな受信方法を選択してください。

3.「認証コードを取得する」をクリックします。

 

エックスサーバー 申し込み 認証

 

・テキストメッセージで取得:メール(SMS)で5桁のコードが送られてきます。

・自動音声通話で取得:電話がかかってきて、自動音声で5桁のコードを教えてくれます。

 

5桁の認証コードを入力して、「認証して申し込みを完了する」 をクリックします。

コード取得できないときは、「認証コードを再取得する」をクリックすると再送されますよ。

 

エックスサーバー お申し込み完了

 

これで、サーバーの申し込みは完了です!

申し込みが完了すると、「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」というメールが届きますので必ず確認してください。

 

エックスサーバー お申し込み内容 確認 メール

このメールは、とても重要なので大切に保管してください。

 

エックスサーバー アカウント情報

・XserverアカウントID

・メールアドレス

・Xserverアカウントパスワード

・ログインURL

 

【ステップ2】エックスサーバーに料金を支払う

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

申し込みが終わった直後は、仮申し込み状態なので、すぐに初期費用+月額費用の支払いを終わらせます。

 

 キャンペーンドメインは、エックスサーバーの料金支払いを完了しないと利用できない仕組みになっていますので、必ずお支払いを済ませるようにしてください。

 

無料期間中に支払っても、無料期間終了後からの請求分を支払ったことになっていますので、安心してくださいね。

 

では、お支払いをしましょう。

 

まずは、エックスサーバーアカウントにアクセスします。

 

>>「エックスサーバーアカウント」にアクセス

クリックするとエックスサーバーアカウントのログイン画面が開きます。

 

エックスサーバー  アカウント ログイン

 

エックスサーバー  アカウント ログイン

 

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー  アカウント 料金のお支払い

 

ログインができたら「料金のお支払い/請求書発行」をクリックしましょう。

 

エックスサーバー  アカウント 料金のお支払い

 

料金を支払うサーバーにチェックを入れて、更新期間を選んだ後に「お支払い方法を選択する」をクリックしてください。

 

更新期間は、ブログを作るためのモチベーションを維持するためにも1年がおすすめです。

 

レジットカード・銀行振込・コンビニ払い・ペイジーから、お好きなものでお支払いください。その中でも、クレジットカードは、支払い完了の反映が早いのと自動更新ができます。

 

これでサーバーの支払いは完了です。

 

【ステップ3】プレゼントドメインの申請

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

料金の支払いが済みましたので、プレゼントドメインの申請ができるようになりました。

 

プレゼントドメインは、エックスサーバーアカウントから申請します。

 

>>「エックスサーバーアカウント」にアクセス

クリックするとエックスサーバーアカウントにログイン画面が開きます。

 

エックスサーバー  アカウント ログイン

 

エックスサーバー  アカウント ログイン

 

エックスサーバー から届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン

 

プレゼントドメインの申請は、左側の「プレゼントドメイン」をクリックします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン

 

利用規約、個人情報に関する公表事項をお読みになり、「同意する」をクリックします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン申請

 

対象サーバーID:申し込んだサーバー名が表示されます。

独自ドメイン:希望の文字列の入力と「.〇〇」を選びます。

あまり見慣れないドメインを選んでしまうと「怪しいサイトかも?」と、警戒されてしまいますので「.com」「.net」「.jp」の中から選ぶと安心ですよ。

適用方法:新規でドメインを取得する場合は「新規取得」他者から移す場合は「移管申請」を選択します。

登録ドメインとの重複がなければ、「ドメイン検索」ボタンのクリックができますので、クリックしてください。重複されているようでしたら、違う文字列を試してください。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン申請

 

上の画像のように確認画面が表示されますので、内容が正しく表示されていましたら「プレゼントドメインの申請」をクリックします。

 

エックスサーバー プレゼントドメイン申請

 

エックスサーバーアカウントに上の画像のように表示が出たら完了です!

 

【ステップ4】ドメインとサーバーをつなげる

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

プレゼントドメインの取得ができたので、Xserverアカウントで、サーバーとドメインをつなげます。

 

サーバーパネルで設定をしますので、まずはアクセスします。
(サーバー料金のお支払いをしたページとは違うページです。)

 

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

 

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー サーバーパネル ドメイン設定

 

サーバーパネルにログインできたら、「ドメイン設定」をクリックします。

 

 

「ドメイン設定の追加」をクリックして、ドメインの設定をしていきます。

 

エックスサーバー ドメイン設定

 

1.プレゼントで取得したドメイン名を入力します。

2.「無料独自SSL」「高速化・アクセス拡張機能を有効にする」はチェックを入れます。
(あらかじめチェックがついていることもあります。)

3.「確認画面へ進む」 をクリックします。

 

 

ドメイン名が合っているか確認をして、「追加する」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー ドメイン設定

エックスサーバーのドメイン設定が完了しましたので、サーバーとドメインがつながりました。設定が反映されるまでに、最大で2日間かかりますので、反映されるまでお待ちくださいね。

 

【ステップ5】WordPressのインストール

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

次は、エックスサーバーのサーバーパネルからWordPressのインストールをします。

 

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

 

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

 

サーバーパネルが表示されましたら、下の方にWordPressの項目がありますので「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

 

ドメイン選択画面が表示されたら、WordPressをインストールをしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

 

次は、「WordPressインストール」をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

 

1.サイトURL:なにもしなくてOKです。

2.ブログ名:ブログタイトルを入力します。
(後から簡単に変更できます。)

3.ユーザー名:WordPressにログインする時に使うユーザー名です。

4.パスワード:WordPressにログインする時に使うパスワードです。

5.メールアドレス:ご自身の使っているメールアドレスを入力してください。

6.キャッシュ自動削除:「ONにする」を選択してください。

7.データベース:「自動でデータベースを生成する」を選択してください。

 

必要事項を入力できたら、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

 

入力した内容の確認画面が表示されますので、入力内容が正しければ、「インストールする」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル WordPress 簡単インストール

 

自動インストールが終わるとWordPressにログインするための重要な情報が表示されますので大切に保管してください。

 

1.管理画面URLをクリックすると、ログイン画面が表示されます。WordPress ログイン画面

2.ユーザー名を入力します。

3.パスワードを入力します。

4.「ログイン」 をクリックでログインができます。

 

これから、何度もWordPressにアクセスすることになると思いますので、管理画面URLは、ブックマークして、ログイン情報(ユーザー名・パスワード)は、メモしておきましょう。

 

 管理画面URLをクリックした時に「無効なURLです。」と表示されることがありますが、まったく問題ありませ。反映されるまでに時間がかかることがありますので、1〜3時間後に再度アクセスすればつながります。

 

 

これがWordPressの「ダッシュボード」、WordPressのスタート画面です。

 

以上でWordPress(ワードプレス)のインストールは完了です!

 

【ステップ6】独自SSLの設定

 

エックスサーバーのプレゼントドメインでブログをはじめる

 

つぎは、エックスサーバーのサーバーパネルから独自SSLの設定をします。

 

独自SSLとは、Web上のデータを暗号化することで、データの盗聴や改ざんを防ぐことができる技術のことです。

 

独自SSL設定をしているWebサイトのURLには、「https」と、「 s 」が付け加えられて表示されます。

 

読者様に「安心なWebページ」ということをお伝えするために、とても大切な設定ですので、必ず設定するようにしてくださいね。(^^)

 

では、独自SSLの設定をしましょう。

 

まずは、サーバーパネルにログインします。

 

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

 

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー  サーバーパネル SSL設定

 

サーバーパネル「SSL設定」をクリックします。

 

エックスサーバー  サーバーパネル SSL設定

 

独自SSL設定をしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー  サーバーパネル SSL設定

 

SSL設定画面が表示されますので、「独自SSL設定追加」をクリックしてください。

 

エックスサーバー  サーバーパネル SSL設定

 

設定対象ドメインに独自SSL化したいドメインが表示されているか確認をして、表示されたら、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

 

お疲れさまでした。これで独自SSL設定は完了です!

 

httpsのリダイレクト設定

 

追記:2020年11月26日現在 「 s 」をつけずにブログが開くのか試してみたら開きました!

   エックスサーバーなら、リダイレクトの設定はしなくても大丈夫そうですが、心配な方のために記事は残しておきます。

 

さきほど「https」の設定をしましたが、URLを直接入力してWebページを開こうした時、「http」のように「 」の入力を忘れると表示できなくなってしまいます。

 

独自SSLの設定をする前にブックマークされていると、「 s 」が抜けているので、「ページが表示できません」となります。

そのための対応がhttpsのリダイレクト設定です。httpsのリダイレクト設定は、URLに「 s 」が付いていても、付いていなくてもWebページを表示させるための設定です。

 

では、httpsのリダイレクト設定をしましょう。

 

サーバーパネルにログインします。

 

>>サーバーパネルにアクセス

クリックするとサーバーパネルのログイン画面が開きます。

 

エックスサーバー サーバーパネル

 

エックスサーバー サーバーパネル ログイン

 

エックスサーバーから届いた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] 」のメールに記載されていたXserverアカウントIDとXserverアカウントパスワードを入力してログインします。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

 

「.htaccess編集」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

 

設定をしたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックします。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

 

.htaccess編集に画面表示が切り替わりますので「.htaccess編集」をクリックしてください。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC] RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

 

上のコードをコピーして貼り付けます。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

 

コードを貼り付けたら、「確認画面へ進む」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

 

確認画面が表示されますので、「実行する」 をクリックしてください。

 

エックスサーバー サーバーパネル .htaccess編集

 

これでhttpsのリダイレクト設定が完了です。

 

WordPressのhttps設定

 

URLに「 s 」がついてアドレスが変わりましたので、WordPressにもhttpsの設定をしましょう。

 

WordPress ログイン画面

 

管理URLからユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力してWordPressにログインします。

 

ダッシュボード 一般

 

ダッシュボードが表示されましたら、設定にカーソルを合わせて一般をクリックします。

 

ダッシュボード>設定>一般

 

WordPress サイトアドレス WordPressアドレス

 

一般の設定画面が表示されましたら、WordPressアドレスとサイトアドレスのURLに「 s 」を入力して付け加えてください。

 

ちなみに「 」は、小文字の「 」です。

 

「 」を付け加えたら、「変更を保存」 をクリックしてください。

 

お疲れさまでした。これでWordPressのhttpsの設定も完了です。

 

ご相談はこちら

 

では、今日も素敵な1日を。
Chiharu

No Comments

Post A Comment